山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅を終え、日本に帰ってきました!旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

爆風の羅臼岳

f:id:pecopecoooom:20180926150516j:image

【日程】2018年9月19日(水)

【天気】曇り時々雨

【コース】岩尾別羅臼岳登山口〜羅臼岳頂上1660m〜ピストン日帰り

【エリア】知床

f:id:pecopecoooom:20180923130428j:image

羅臼岳の登山口は硫黄岳からの縦走路を含めると3コースあります。

一番一般的な岩尾別温泉の登山口からスタートです!車は『地の涯』という温泉の駐車場の端っこの方に停めることができます。
f:id:pecopecoooom:20180923130420j:image

駐車場にはバイオトイレもあります。
f:id:pecopecoooom:20180923130408j:image

温泉施設の右側を通り抜けて…
f:id:pecopecoooom:20180923130424j:image
f:id:pecopecoooom:20180923130412j:image

木下小屋です。
f:id:pecopecoooom:20180923130403j:image

ここでクマスプレーを1日1000円でレンタルしているようです。

私たちは自分のを持っていたのでレンタルはしませんでしたが、アラスカに行って以来、北海道の山を登る時はクマスプレーを携帯した方がいいなと思いました。
f:id:pecopecoooom:20180923130406j:image
f:id:pecopecoooom:20180923130359j:image

木下小屋の前に登山届ポストがあります。この時点で既に7パーティーの方が入っていました。百名山だから道外からの方も多そうですね。
f:id:pecopecoooom:20180923130431j:image

知床と言えば、熊の住処。直近の熊の目撃情報も確認できます。

f:id:pecopecoooom:20180923212515j:image

山の神さま?
f:id:pecopecoooom:20180923212647j:image

6:25 スタート!!
f:id:pecopecoooom:20180923212529j:image

既に森。
f:id:pecopecoooom:20180923212604j:image

葛折りに登って行きます。
f:id:pecopecoooom:20180923212846j:image

このキノコは少し触れるだけで、先端の穴から粉のようなものを噴射するというなんともおもしろいキノコです。
f:id:pecopecoooom:20180923212918j:image

登山道は土の地面でとても歩きやすいです。朝雨が降っていたので、所々ぬかるんでいました。
f:id:pecopecoooom:20180923212931j:image

時々傾斜がキツイ所も。
f:id:pecopecoooom:20180923212907j:image
f:id:pecopecoooom:20180923212653j:image

7:15 『オホーツク展望』に到着。
f:id:pecopecoooom:20180923212945j:image

展望はほぼナシ。笑
f:id:pecopecoooom:20180923212828j:image
f:id:pecopecoooom:20180923212625j:image

『オホーツク展望』から少し登った所の方が展望が良かったです。笑
f:id:pecopecoooom:20180923213529j:image

7:45 『650m岩峰』。特に何もナシ。
f:id:pecopecoooom:20180923212615j:image

ナナカマドがなっていました。
f:id:pecopecoooom:20180923212637j:image
f:id:pecopecoooom:20180923214614j:image

8:10 『弥三吉水』という水場に到着。ここで飲み水を調達。

つい1週間前にここにクマが出たようです。
f:id:pecopecoooom:20180923212805j:image

奥のパイプから水が流れています。山と高原地図では要煮沸となっていたので浄水器を使いました。
f:id:pecopecoooom:20180923212434j:image

そしてここにはテントがずらり。おそらく登山道を整備してくれている方々のものでしょうか。
f:id:pecopecoooom:20180923212820j:image

先に進ます。ここから登山道上に張り出している木が増え、下ばかり見て歩いていると頭をぶつけるので要注意です。笑。みんな頭をぶつけました。笑
f:id:pecopecoooom:20180923212855j:image

またキノコが。キノコは雨が降ると1日でも育つそうですよ!すごい!
f:id:pecopecoooom:20180923213754j:image

登山道の所々にこのような土嚢や大きめの岩がまとまった置いてありました。この山は登山道整備中らしく、登っている最中も何人か作業をしている方とお会いしました。
f:id:pecopecoooom:20180923212750j:image

『極楽平』という所。確かにこの辺りは平坦な道が続きましたが、極楽感はありませんでした。笑
f:id:pecopecoooom:20180923212952j:image

このようにとても整備されています。
f:id:pecopecoooom:20180923213723j:image

『仙人坂』極楽平からこの辺りまでが傾斜がキツめの所が続くので少しだけ大変なのかもしれません。
f:id:pecopecoooom:20180923212833j:image

オホーツク海!!キレイ!!
f:id:pecopecoooom:20180923214607j:image

9:15 『銀冷水』という水場に到着。
f:id:pecopecoooom:20180923214620j:image

水はここから汲みます。ここも要煮沸。
f:id:pecopecoooom:20180923212446j:image

ここにはあらかじめ携帯トイレを持参していないと、利用はできませんが携帯トイレブースがあります。
f:id:pecopecoooom:20180924084141j:image

水場から10分程進むと『大沢入口』に到着。
f:id:pecopecoooom:20180924084159j:image

ようやく樹林帯を抜けて開放感がありますが、この辺りから雲も中に入ってしまい、ガスガスに。気温もグッと下がり肌寒くなります。

羅臼岳は3年前にも1度登ったことがあったのですが、その時はこの大沢には雪が積もっており、雪渓歩きでした。時期も9月だったのに全然違いますね。
f:id:pecopecoooom:20180924084251j:image

大きな岩をよじ登っていく所も何箇所か出てきます。
f:id:pecopecoooom:20180924084254j:image

大沢を抜けると平坦なハイマツ帯に。いかにもクマが好きそうな所。
f:id:pecopecoooom:20180924084155j:image

10:10『羅臼平』に到着。

硫黄岳への縦走路分岐も確かこの辺りでした。
f:id:pecopecoooom:20180924084128j:image

ここにはテント場があり、かなり広めなので10張りくらいは張れそうです。もっと張れるかな?
f:id:pecopecoooom:20180924084230j:image

そして、アラスカではおなじみの『フードロッカー』です。ヒグマの住処にテントを建てる訳なので、食料はこのフードロッカーで保管します。
f:id:pecopecoooom:20180924084240j:image

ここから山頂を目指します!この山はここまでは割と初心者向けの印象なのですが、ここから先が一気に厳しくなる、上と下で全然印象の違う山です。
f:id:pecopecoooom:20180924084233j:image

上に方にはハイマツの実がなっていました。既に食べられたものもあったのですが、詳しいことはわかりませんが、クマは今の時期だと山の上よりかは、海の方で鮭を獲っているんですかね。
f:id:pecopecoooom:20180924084215j:image

10:35 『岩清水』に到着。ここは一応水場となっているのですが、涸れてしまったのか、いつもこうなのかはわかりませんが、水は苔を伝ってくる雫のみでした。笑
f:id:pecopecoooom:20180924084131j:image

でもポタポタを苔を伝って落ちてくる雫はとてもキレイです。
f:id:pecopecoooom:20180924084245j:image

手を使って登っていく所も増えていきます。
f:id:pecopecoooom:20180924084145j:image

秋らしい紅葉。チングルマもまだ残っていました!
f:id:pecopecoooom:20180924084121j:image

キレイですねー。
f:id:pecopecoooom:20180924084237j:image
f:id:pecopecoooom:20180924084151j:image

頂上直下は巨大な岩だらけ。正直この辺は危ないなーと思いました。

頂上は本当にあと少し!
f:id:pecopecoooom:20180924084205j:image

11:10 羅臼岳 1661mに到着!!爆風!!!!笑

f:id:pecopecoooom:20180924085224j:image

頂上は立っているのもやっとなくらいの爆風だったのですが、少しでも展望を見たいと、ちょっと下がった所で展望待ちすることに。
f:id:pecopecoooom:20180924085226j:image

ただ待ってるのもアレなのでとこんな爆風の中でコーヒーを入れ出す同僚。笑
f:id:pecopecoooom:20180924085229j:image

風に飛ばされて、雲の切れ間から展望が見えた時には、他の登山者の方もみんな声を上げて興奮していました!一瞬見えた景色は本当に素晴らしく、また晴れた時に見てみたい!と思いました。
f:id:pecopecoooom:20180924085233j:image

雲は晴れたりかかったり。

f:id:pecopecoooom:20180924084520j:image

頂上に乗っかっている巨大な岩。あれがいつか落っこちてこないか心配です。笑
f:id:pecopecoooom:20180924084458j:image

頂上付近のゴロゴロ。
f:id:pecopecoooom:20180924084528j:image

12:30 下山開始。上りの時には見えなかった景色が!
f:id:pecopecoooom:20180924084534j:image

ここは晴れていたら本当にキレイそうですね!
f:id:pecopecoooom:20180924084540j:image

ヤバーイ景色!!!
f:id:pecopecoooom:20180924084513j:image

ハイマツ帯に降りた頃には雨が降り始め、時々当たると痛いくらいの大粒の雨に。
f:id:pecopecoooom:20180924084544j:image

ここも登りの時にはガスガスだった大沢です。
f:id:pecopecoooom:20180924084516j:image

上り方面。こんな景色だったとは!3年前に来た時も雨だったので、こんな景色だったんだと感動。
f:id:pecopecoooom:20180924084507j:image

だいぶ降りてきた所。
f:id:pecopecoooom:20180924084549j:image

15:30 登山口に到着。久しぶりの日本の山で膝が痛くなってしまいました。笑

帰りに登山口にある『ホテル地の涯』の日帰り温泉おとな1人800円(通常は1200円らしいですが、現在はリニューアルオープン価格でした)に行きました!

私は入りませんでしたが、ここは露店風呂が混浴です。(浴衣の無料貸出有り)

 

おわり

カナダ〜アラスカ旅191日目② ワンダーレイクキャンプとハイキング

2018年8月22日(水)夜の部

f:id:pecopecoooom:20181001193339j:image

昼にマッキンリーバートレイルへ行ったので、夕方からはワンダーレイクの奥の方へ行ってみることにしました。

キャンプ場から10分も歩けばワンダーレイクの湖畔まで来ることができます。
f:id:pecopecoooom:20181001193401j:image

ブルーベリーはまさに今が食べごろ。味も濃く、甘くなっていました。
f:id:pecopecoooom:20181001193331j:image

一瞬だけ晴れ間が。
f:id:pecopecoooom:20181001193404j:image

デナリは残念ながら姿を見せてくれませんが。
f:id:pecopecoooom:20181001193511j:image

獣道なのか、人が歩いた後なのか歩きやすそうな所を草をかき分けながら進みます。
f:id:pecopecoooom:20181001193440j:image

かなり進んでくると、ブルーベリーの藪がなくこんなに歩きやすい丘に到着。こっちの方には、バスに乗って、道路からすぐにアクセスできるデイハイクトレイルがいくつかあるようです。
f:id:pecopecoooom:20181001193542j:image

美しいワンダーレイクを横目に気持ち良く歩けたのも束の間…
f:id:pecopecoooom:20181001193504j:image

歩きやすい所はすぐに終わり、また森の中を進みます。
f:id:pecopecoooom:20181001193507j:image

道はないですが、進むしかないのでとにかく何かのトレイルと合流するまで無心で歩きました。
f:id:pecopecoooom:20181001193346j:image

やっと見晴らしの良い場所に出られたのはワンダーレイクから1時間半程歩いたくらいでした。
f:id:pecopecoooom:20181001193355j:image

楽園のような所です。
f:id:pecopecoooom:20181001193539j:image

ウラシマツツジの紅葉もまさに見頃ですね。
f:id:pecopecoooom:20181001193446j:image

途中からはっきりとしたトレイルに合流することができました。
f:id:pecopecoooom:20181001193532j:image

ガサガサ。
f:id:pecopecoooom:20181001193517j:image

ガサガサ。
f:id:pecopecoooom:20181001193337j:image

デナリ方面。
f:id:pecopecoooom:20181001193358j:image

トレイルが見つかってからは見晴らしも良く、歩きやすく、ハイキングにぴったりですね。
f:id:pecopecoooom:20181001193343j:image
f:id:pecopecoooom:20181001193552j:image

岩のように見えるこれはキノコです。
f:id:pecopecoooom:20181001193457j:image

キレーイ!
f:id:pecopecoooom:20181001193636j:image

ここも道路側から来たらかなりお手軽に絶景を楽しめると思います。
f:id:pecopecoooom:20181001193514j:image
f:id:pecopecoooom:20181001193520j:image

所々こんな藪に突入していく所もありますが…。
f:id:pecopecoooom:20181001193558j:image

少々荒れ気味。
f:id:pecopecoooom:20181001193334j:image
f:id:pecopecoooom:20181001193443j:image

『Reflection Pond』というトレイルの入口に到着。普通はこっちから入って、ピストンで戻ってくるのが一般的なのですが、私たちはワンダーレイクから適当に藪を漕いでやって来たので、こんなちゃんとした看板があるとは知らず。笑
f:id:pecopecoooom:20181001193548j:image

もうバスも走っていない時間帯になってしまったので、歩いてワンダーレイクのキャンプ場へ戻ります。
f:id:pecopecoooom:20181001193352j:image

これがリフレクションポンドかな?

晴れた日はここに逆さデナリが映るそうですよ。
f:id:pecopecoooom:20181001193450j:image

ワンダーレイクより奥側も良い所でした!

昼間にまた来てみたいですね。
f:id:pecopecoooom:20181001193437j:image
f:id:pecopecoooom:20181001193502j:image

敷地内に家のようなものを発見。従業員でしょうか?
f:id:pecopecoooom:20181001193535j:image

ワンダーレイクのキャンプ場へ到着したのは22時頃でした…。

明日は晴れるかな。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅191日目① ワンダーレイクキャンプとハイキング

2018年8月22日(水) 昼の部

f:id:pecopecoooom:20181001192911j:image

ワンダーレイクキャンプ2日目。

今日も雨。笑

天気予報によると、このキャンプの間はずっと雨。笑。 デナリは雨が多いのか、私たちがデナリとの相性が悪いのか…笑f:id:pecopecoooom:20181001192902j:image

テントサイトです。テントサイトは1つずつ区切られていて、プライベート感があります。

テーブルとベンチが備え付けで置いてあります。
f:id:pecopecoooom:20181001192859j:image

ワンダーレイクのキャンプサイトは全部で28サイトあります。1〜6はデナリも何も見えない、ただ木に囲まれたスペースで、人気がないでしょうねという感じ。私たちは20番のサイトに泊まりました。『Riley Creek(ライリークリーク)』のキャンプ場で、事前にこの紙を発行してもらい、自分の泊まるサイトにクリップで留めます。
f:id:pecopecoooom:20181001192708j:image

『Wonder Lake(ワンダーレイク)』のキャンプ場はこんな感じで、本当に自然の中にテントを張ることができます。
f:id:pecopecoooom:20181001192814j:image

シェルターです。グリズリーが現れることも多く、ご飯は全てここで食べなければいけません。
f:id:pecopecoooom:20181001192836j:image

自分のテントサイトにもテーブルとイスがついているのに、ご飯はここに来ないと食べられないので、正直すごくやりにくかったです。

f:id:pecopecoooom:20181001192905j:image

雨が降っている時は屋根付きはありがたいですが…。のんびりコーヒータイム。
f:id:pecopecoooom:20181001192908j:image

前回このキャンプ場に泊まった時にはなかった張り紙が…。つい最近、ここワンダーレイクのキャンプ場に子連れのグリズリーが出没したとのこと。食べ物などは必ずフードロッカーに入れるよう注意喚起していました。
f:id:pecopecoooom:20181001192850j:image

これが『Food Locker(フードロッカー)』です。
f:id:pecopecoooom:20181001192839j:image

頑丈な鉄の扉のフードロッカー。ロッカーというか、部屋です。食べ物や飲み物、匂いのするもの(歯磨き粉や日焼け止めなども)は全てここで保管するように言われます。ガスストーブ類もこの裏にある小さめのロッカーで保管しなければいけません。
f:id:pecopecoooom:20181001192711j:image

シェルターの柱には洗濯紐などをかけられるようフックがついていました。
f:id:pecopecoooom:20181001192806j:image

雨が降っていますが、そんなに強くないので散策へ。ワンダーレイク周辺にはハイキングできるトレイルがたくさんあるそうです!
f:id:pecopecoooom:20181001192751j:image

キャンプ場から歩くこと15分くらい…

観光で来ているらしき車が。
f:id:pecopecoooom:20181001192821j:image

この『McKINLEY BAR TRAIL(マッキンリーバートレイル)』へ行きます!数日前まではグリズリーが出たとのことで閉鎖していたらしいですが、今日はもう開いていました。
f:id:pecopecoooom:20181001192856j:image

観光客でも歩けるような遊歩道です。

これは歩きやすそうだ!
f:id:pecopecoooom:20181001192827j:image

結構開放感のあるトレイル。
f:id:pecopecoooom:20181001192705j:image

こんなに簡単に歩けて結構景色もいい…。バックカントリーじゃなくてもここでいいじゃん…。という気に…。笑

あちらこちらにカリブーもいました。

f:id:pecopecoooom:20181001192727j:image
f:id:pecopecoooom:20181001192833j:image

キレイに整備された道。こんなのは久しぶり。
f:id:pecopecoooom:20181001192724j:image

雨が溜まって川のようになっていました。
f:id:pecopecoooom:20181001192853j:image

f:id:pecopecoooom:20181001192818j:image
f:id:pecopecoooom:20181001192717j:image

ここならあんまり体力に自信のない方でもデナリの大自然の中に入って行けますね。
f:id:pecopecoooom:20181001192809j:image

ひろーい湿原。
f:id:pecopecoooom:20181001192800j:image
f:id:pecopecoooom:20181001192729j:image

どんどん景色は森へ。
f:id:pecopecoooom:20181001192848j:image

木道を進みます。森が結構サイドは深くてムースでもでてきそうな雰囲気…。でもすれ違う人も結構多かったので、動物は逃げてしまいましたかね。
f:id:pecopecoooom:20181001192830j:image

キレイな所だー。
f:id:pecopecoooom:20181001192845j:image

立派な森です。
f:id:pecopecoooom:20181001192721j:image

歩き始めから1時間ちょっとで終着地点の『Mckinley River(マッキンリーリバー)』が見えてきました。
f:id:pecopecoooom:20181001192812j:image

すごく広い川です!デナリのトレッキングコースとして『Mcgonagall Pass(マクゴナガルパス)』というルートがあるのですが、それはこの川を渡っていくハズ…。ガイド本にもとても難しいルートだと書かれていました。ここを渡るのは泳ぐ覚悟で行かないとダメですね…。
f:id:pecopecoooom:20181001192734j:image

来たみちをそのまま戻ります。
f:id:pecopecoooom:20181001192755j:image

川もキレイ。
f:id:pecopecoooom:20181001192842j:image

道の途中にはクマの掘り返し跡もたくさんありました。
f:id:pecopecoooom:20181001192737j:image

このコースはお手軽で良かったです!
f:id:pecopecoooom:20181001192803j:image

戻って腹ごしらえ。早めの夜ご飯です。

キャンプ場にはちゃんとゴミ箱があるので、缶詰を持ってきても大丈夫。さすがに日本のキャンプとは違うので、ここで焼肉したりする人はいませんが…。笑

 

この日はここから探索第二弾へ…

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅190日目 ワンダーレイクキャンプ

2018年8月21日(火)

f:id:pecopecoooom:20181001191814j:image

今日から3泊、デナリ国立公園内にある『Wonder Lake Campground(ワンダーレイクキャンプグラウンド)』にキャンプです。

ワンダーレイクのキャンプ場は非常に人気があると言うことで、もう半年も前から予約をとっていたのですが、残念ながら雨…。笑

午前10時のキャンパーバスに乗り、5時間かけてワンダーレイクへ。
f:id:pecopecoooom:20181001191919j:image
このキャンプ場は前にバックカントリーに入る前泊として、1泊だけ泊まったことがあるのですが、その時は最終便でキャンプ場へは夜に着くくらいで、テントを張るサイトも選べなかったのですが、今回はまだ15時くらいだったので、テントサイトを選ぶことができました。f:id:pecopecoooom:20181001192221j:image

バスが到着すると同時に早い者勝ちでどんどんテントサイトは埋まっていきます。
f:id:pecopecoooom:20181001191923j:image

とりあえず、適当なサイトにテントを張ります。本当ならこの正面にデナリが見えるはずなのですが、今日はあいにくの雨なので眺望はナシ。笑

まぁ、バックカントリー合間の休憩キャンプなのでいっかーという感じでテントのなかでダラダラしたりしてこの日は就寝です…。

 

つづく…

 

カナダ〜アラスカ旅189日目 バックカントリー最終日

2018年8月20日(月)晴れ

f:id:pecopecoooom:20181001190049j:image

第3回 5泊6日のデナリバックカントリーも今日が最終日。

昨日のグリズリー親子はまだ見える範囲の藪辺りを行ったり来たりしていました。
f:id:pecopecoooom:20181001190008j:image

昨日はすごい強風で、本当はこんな谷のど真ん中にテントを張りたくなかったのですが、クマがいる所から少し離れた位置に張り直したので、こんな風除けも何もない場所になってしまいました。夜の間は風とテントのバタつきの音で何度も目が覚めました。
f:id:pecopecoooom:20181001190039j:image

今日は風は収まっていました。天気も良さそう。
f:id:pecopecoooom:20181001185903j:image

昨日の強風で、すっかり曲がってしまったテントのポール。あーあ。
f:id:pecopecoooom:20181001190020j:image

これを力強くで修理。
f:id:pecopecoooom:20181001185842j:image

10:00 撤収。帰ります。ここから道路まではそう遠くないはず。
f:id:pecopecoooom:20181001185859j:image

こちらは谷の奥の方。奥はずっと天気が悪いですね。氷河も見て見たかったなぁ。
f:id:pecopecoooom:20181001190030j:image

川沿いを道路に向かって歩いて行きます。
f:id:pecopecoooom:20181001190027j:image

チョロチョロと小川が所々に流れています。
f:id:pecopecoooom:20181001190248j:image
f:id:pecopecoooom:20181001185838j:image

それにしても昨日のクマはなんだか人馴れしてて危なかったです。デナリでは5,6年前にクマによる死亡事故が1件あるそうで、それもこのユニットの近くだったそうです。

昨日は何事もなくて良かったですが、やっぱりデナリのクマには細心の注意を払わないといけませんね。

f:id:pecopecoooom:20181001190042j:image

日々進んでいく紅葉。
f:id:pecopecoooom:20181001190012j:image
f:id:pecopecoooom:20181001190035j:image

銅かなにか含まれていそうな赤い川がありました。
f:id:pecopecoooom:20181001185846j:image

トクラットリバーを上から見下ろす。

キレイな所だなぁ。

f:id:pecopecoooom:20181001185937j:image

UNIT9 いい所でした。
f:id:pecopecoooom:20181001185945j:image

途中でお腹が空いてお昼ゴハン
f:id:pecopecoooom:20181001185949j:image

そしてまた出発。この日も途中にライさん(雷鳥)が2羽薮の中に隠れていました。
f:id:pecopecoooom:20181001190023j:image

道路に到着。バスをヒッチハイクするためここで休憩しながら待ちます。ここはデナリ国立公園の中でも真ん中くらいの位置なので、大体30分も待てばバスは来ます。
f:id:pecopecoooom:20181001185956j:image

そしてこの日の帰りのバスで見たグリズリーは10頭以上!!冬に向けて、グリズリーの活動も活発になっているようです。みんなブルーベリーを食べていました。
f:id:pecopecoooom:20181001185834j:image

バックカントリーから戻ると、とりあえず『Riley Creek(ライリークリーク)』のキャンプ場内にあるシャワーと、ランドリーに行き服も体もさっぱり。洗濯機と、乾燥機が4台ずつあります。

f:id:pecopecoooom:20181001191615j:image

今日はそのままRiley Creekのキャンプ場に泊まります。シーズンなのか、事前予約しないと満室でした。久しぶりに気にせず調理ができます。
f:id:pecopecoooom:20181001185941j:image

このサイズを3枚。笑

さすがに全部は食べれませんでした。笑

 

明日からはデナリ国立公園内の『Wonder Lake Campground(ワンダーレイクキャンプグラウンド)』で3泊のんびりキャンプの予定です。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅188日目 グリズリー現る

2018年8月19日(日)くもり

f:id:pecopecoooom:20180923155545j:image

バックカントリー5日目。

昨日の快晴はどこへやら、今日は一面曇り空。

今回はこのUNIT9であと1泊できますが、明日楽に帰りたいのでテントを道路に近い方へ移すことに。
f:id:pecopecoooom:20180923155537j:image

トクラットリバー沿いに歩いて行きます。

f:id:pecopecoooom:20180923155550j:image
f:id:pecopecoooom:20180923155604j:image

奥の氷河も見てみたかったけど、天気は悪そうなので残念ながら諦めることに。
f:id:pecopecoooom:20180923155614j:image

それにしても、今日は風が強い!f:id:pecopecoooom:20180923155624j:image

適当な所にテントを張り、相方さんは散策へ。

私はテントでゆっくりすることにしましたが、すぐにトランシーバーに連絡が入り、グリズリーを見つけたとのこと。しばらく様子を見るとのことで、そのまま撮影へ行ってしまいました。
f:id:pecopecoooom:20180923155541j:image

グリズリーは親子でいるとのこと。なんとなく、藪の感じでいそうだなーと言っていた所にはいるんですね。

テントからもクマの様子が小さく見えたので、私もしばらく見ていました。

f:id:pecopecoooom:20181001190449j:image

気付いた時には結構近くに居たそう。
f:id:pecopecoooom:20181001190500j:image

子グマを2匹連れたグリズリー。

若いメス熊なのか、少し小さめだったそうです。子供のことを余り構う余裕がない感じで終始せわしなく動き回っている様子がテントからも確認できました。
f:id:pecopecoooom:20181001190503j:image

ずっと相方さんのことを気にしていない様子だった母グマですが、急に威嚇突進をしてきたそう。熊スプレーを構えると、ピタリと止まったそうです。子連れだったから気性が荒かったんでしょうか。テントからもその様子は見えていたので、少しヒヤリとした瞬間でした。
f:id:pecopecoooom:20181001190456j:image

子グマは2匹の兄弟。まだ小さいです。f:id:pecopecoooom:20181001190453j:image

食べ物をとろうとしてるのかな?
f:id:pecopecoooom:20181001190507j:image

立ってこちらを確認しています。

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery
f:id:pecopecoooom:20180923155611j:image

一方こちらは、最初にテントを張った位置だと木の陰で強風は防げたのですが、クマが出た場所からあまりにも近かったため、テントを移動。あまりの強風に、テントが何度も潰れかけました。
f:id:pecopecoooom:20180923155608j:image

陽も落ちてきて段々と辺りも暗くなってきました。相方さんもこれ以上クマを刺激しないようにそろそろと戻ってきました。f:id:pecopecoooom:20180923155557j:image

しばらくテントからグリズリーの様子を見ていましたが、遠くの方へ移動して行ったのでとりあえず今日は就寝…。

この旅で一番ヒヤヒヤした日でした。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅187日目 デナリバックカントリー

2018年8月18日(土)晴れ 風強め

f:id:pecopecoooom:20180923113732j:image

バックカントリー4日目。テントを開けるとー…

待望の快晴!!!!やっと!!!
f:id:pecopecoooom:20180923115637j:image

昨日撮り忘れたテントの写真。こんな感じの所に張りました!
f:id:pecopecoooom:20180923113729j:image

朝起きてまず、川に水を汲みに行きます。

お腹が空いたのでゴハンの準備です!
f:id:pecopecoooom:20180923113723j:image

ゴハンは、お決まりの「テントから90m離れた位置」で。
f:id:pecopecoooom:20180923113726j:image

朝ごはんは、(と言ってももう11時ですが)クノールブロッコリーチェダーチーズパスタ(約3人前)と、マッシュポテトの大盛り。に、WALMARTで見つけたインスタントスクランブルエッグを混ぜたものです。これはかなり美味しい。
f:id:pecopecoooom:20180923113643j:image

今日は天気がかなり良いのですが、奥から吹き付ける風が強い!!

かなり強風です。寝袋を干しかったけど飛んで行ってしまうので断念。
f:id:pecopecoooom:20180923113735j:image

テントを張った横の方。なだらかな草原が広がります。
f:id:pecopecoooom:20180923113647j:image

このテント場も良いですねー!!氷河の方が相変わらず天気が悪そうですが。
f:id:pecopecoooom:20180923113739j:image

今日は天気が良いのでハイキングへ!氷河方面へ進んで先でテントを張るか迷いましたが、今日は来た道をゆっくり散策してみることにしました!何か動物に会えるかな。

f:id:pecopecoooom:20180923114330j:image

トクラット川。
f:id:pecopecoooom:20180923114408j:image
f:id:pecopecoooom:20180923114713j:image

ここは景色が単調じゃないし、歩いていて楽しいです。
f:id:pecopecoooom:20180923114411j:image

歩きやすいなぁ。こんなに天気がいいのも久しぶり!

ハイキング日和ですねー。
f:id:pecopecoooom:20180923114335j:image

本当にANWRを思い出す!!
f:id:pecopecoooom:20180923114649j:image

ここはゴツゴツした岩とザラザラと崩れるような礫地です。
f:id:pecopecoooom:20180923115634j:image

結構斜度が急だったので、すぐに疲れる私たち…。笑

ここにドールシープの道がありました。
f:id:pecopecoooom:20180923114324j:image

川の対岸には一際目立つ山が。頂上は雲に隠れています。
f:id:pecopecoooom:20180923114719j:image

ここから見てもあの斜度ならかなり険しいんだろうな。
f:id:pecopecoooom:20180923114652j:image

更に上へ上へ。どこまで行けるのか、上はどんな風になっているのかな。
f:id:pecopecoooom:20180923115640j:image

すごい迫力。すぐ横がこんな景色なのでゾッとしますね。十勝岳を思い出しました。
f:id:pecopecoooom:20180923115644j:image

f:id:pecopecoooom:20180923114816j:image

日本にもこんな感じの所はたくさんありますが、登山道がないっていうのは正直怖いと思いました。いつ崩れてくるかわからないし…。
f:id:pecopecoooom:20180923114658j:image

相方さん、登頂!!笑

私は少し下から見てるだけ。笑
f:id:pecopecoooom:20180923114722j:image

それでもこの景色です。
f:id:pecopecoooom:20180923115150j:image

そして更に先へ。UNIT9の入口方面へ。
f:id:pecopecoooom:20180923115537j:image
f:id:pecopecoooom:20180923115351j:image

細い川。沢が何本かありましたが、水はちょろちょろと流れていたり、全く涸れていたり。水分補給にはあまり困らないですね。
f:id:pecopecoooom:20180923115439j:image

クマの掘り返し跡を発見しました!やっぱりこの辺りにもいるようです。
f:id:pecopecoooom:20180923115529j:image

それにしても広い。

f:id:pecopecoooom:20181001191158j:image

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

 

なんだかスゴイ所を歩いているような絵に。でもここは本当に歩きやすいです。大きな川も流れているので迷ったり、ルートファインディングに悩んだりもなさそう。
f:id:pecopecoooom:20180923115400j:image
f:id:pecopecoooom:20180923115147j:image

f:id:pecopecoooom:20180923115433j:image

こんな風に横が崖のようになっている所も。
f:id:pecopecoooom:20180923115356j:image

これは、ジリスの通り道ですね。笑

毎日使っているんでしょう。笑
f:id:pecopecoooom:20180923115159j:image
f:id:pecopecoooom:20180923115404j:image

最近クマさんが食べているらしいベリーの一種?かな?
f:id:pecopecoooom:20180923115340j:image

これ、コケモモらしい。笑。日本でも生えてますね。
f:id:pecopecoooom:20180923115345j:image

一見ただの草原のように見えていましたが、ここは湿地帯でした。あちらこちらに小さな沼のような水溜りが。
f:id:pecopecoooom:20180923115429j:image

お花もたくさん咲いてました!
f:id:pecopecoooom:20180923115234j:image

こんな石の所ですが、なぜかここに色んな花が。
f:id:pecopecoooom:20180923115510j:image

これ日本で見たことあるような。
f:id:pecopecoooom:20180923115446j:image
これもアラスカで何度も見てるやつ。
f:id:pecopecoooom:20180923115300j:image
f:id:pecopecoooom:20180923115314j:image

1cmもないくらいの小さな花の集まり。
f:id:pecopecoooom:20180923115517j:image

そして休憩。ジェットボイルを持ってくるのがめんどくさかったので、このコップ兼ミニコッヘルでお湯を沸かして紅茶を飲みました。このチタンのミニコッヘルはいつもはコップや、お茶碗代わりに使用していますが、このように直接火にかけることもできるので、なんだかんだ重宝しています。チタンは軽いですしね。
f:id:pecopecoooom:20180923115155j:image

f:id:pecopecoooom:20180923115523j:image

適当な所でそろそろ戻ろうかということに。なんにも動物いなかったなぁ。
f:id:pecopecoooom:20180923115418j:image

帰り道。昨日は少し曇っていたのでこんなにキレイな景色ではなかったですね。

やっぱり同じ所を歩いても天気ひとつでこんなに印象が変わりますね。
f:id:pecopecoooom:20180923115229j:image

カリブーの足跡がありました!
f:id:pecopecoooom:20180923115442j:image

あっ、カリブー!!!

ここにカリブーが3頭いましたが、この辺りを住処にしているのか、私たちにも全然ビビらず、逃げる様子もなく写真を撮らせてくれました。
f:id:pecopecoooom:20180923115451j:image

20:30 テントへ戻ってきました。
f:id:pecopecoooom:20180923115506j:image

ゴハン風景です。この日はラーメンに白米をブチ込んでラーメンゴハンみたいになってました。食べたら一緒です。笑
f:id:pecopecoooom:20180923115211j:image

夕焼けもキレイでした。

 

つづく…

 

https://instagram.com/pecopecoooom/