山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!現在カナダ〜アラスカの縦断旅中!

カナダ〜アラスカ旅168日目 デナリバックカントリー

2018年7月31日(火)快晴

f:id:pecopecoooom:20180910114131j:image

今日も天気は良さそうです。デナリがハッキリと見えています。

11:00 テントを畳んで出発です!
f:id:pecopecoooom:20180910114416j:image

トランジットバスで移動しても良いのですが、ワンダーレイクにバスが来る時間に準備が間に合わなかったため、車道を歩いてバックカントリー開始ポイントまで移動することに。
f:id:pecopecoooom:20180910114256j:image
f:id:pecopecoooom:20180910114648j:image

ワンダーレイクと、その先のカンティシュナへの分岐に到着。バスなら5分もあれば到着する距離に1時間近くかかってしまいました。
f:id:pecopecoooom:20180910114356j:image

道路から適当に山へ入っていきます。

ここは広い丘がずっと続いています。

f:id:pecopecoooom:20180910114451j:image

ブルーベリーがあちこちになっていました。

まだ少し酸っぱかったです。
f:id:pecopecoooom:20180910114420j:image

ここはUNIT36辺りですが、この広い草原をデナリを眺めながら歩けるので、ここでパーミットを取れば良かったと後悔。
f:id:pecopecoooom:20180910114037j:image

ずっとこんな感じです。歩きやすいなぁ。
f:id:pecopecoooom:20180910114551j:image

前回よりも蚊がかなり増えていました。こちらで購入した虫除けスプレーはあまり効かず、結局日本から持ってきたハッカ油が一番良かったです。
f:id:pecopecoooom:20180910114402j:image

結局、ここも腿くらいの高さの藪が出現。
f:id:pecopecoooom:20180910114248j:image

途中にはいくつか沼がありました。
f:id:pecopecoooom:20180910114304j:image

この日は日差しがものすごくキツく、少しも雲に陰ることなく照らしていたので、途中で熱中症状態に…。三脚でマットなどをぶら下げて日陰を作り、そこで1時間程休憩するハメになりました。。
f:id:pecopecoooom:20180910114433j:image

なんとか回復し、移動開始。

今日はUNIT42でバックカントリーパーミットを取っており、とにかくそこまで移動しないとテントを張ることができないため、頑張って移動。
f:id:pecopecoooom:20180910114318j:image

トレッキング初日に汗だくになってしまうなんて…。気温は低くても、日差しが本当にキツイです。
f:id:pecopecoooom:20180910114223j:image

20:40 また迂回したりなんなりで、やっとUNIT42に入ることができました。が、水場が見つからず、結局荷物をデポして今度は水場を探しに。。飲み水もない状態だったので、探すしかありません。
f:id:pecopecoooom:20180910114048j:image

23:15 やっと水を汲め、荷物を置いた場所へ戻れました。水場を見つけるまで約1時間、藪を漕ぎ、森を抜け水が枯れてるかも知れない沢へ降りて、川を発見した時には本当に良かったと思いました。荷物が重いので常に余分な水を持ち歩くのは体力を使ってしまうし、かと言って持っている地図には水場情報が書いてある訳でもないので、水をどこで確保するのかは難しい所です。
f:id:pecopecoooom:20180910114041j:image

この日はなんとなくコゲ臭いようなニオイがしていていました。辺りもぼんやりしていましたが、霧というよりは煙のようでした。

山火事でもあったのかな?
f:id:pecopecoooom:20180910114215j:image
ぼんやり。

 

テントへ戻り、ぐったりして就寝です。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅167日目 第2回デナリバックカントリー

2018年7月30日(月)曇りのち晴れ

丸2日間フェアバンクスで休憩し、またデナリへやって来ました。

f:id:pecopecoooom:20180910073724j:image

16:10 キャンパーバスに乗ります。

今回もバックカントリーで入るのですが、取れたパーミットがUNIT42というデナリ国立公園でも奥地の方だったので、今日はその周辺にある『Wonder Lake Campground』にキャンプをすることにし、そのまま明日からバックカントリーに入ることにしました。
f:id:pecopecoooom:20180910073727j:image

今回は今日のキャンプも入れると7泊8日。

ワンダーレイクキャンプ場から始まり、UNIT42に1泊、UNIT35に2泊、UNIT34に3泊の予定です。
f:id:pecopecoooom:20180910073748j:image

時間帯の遅いバスだからなのか空いています。

ほとんどがカップルでした。
f:id:pecopecoooom:20180910073733j:image

今回も藪が多そうな所です。
f:id:pecopecoooom:20180910073756j:image

今日は雲が多く、なんだか暗い…f:id:pecopecoooom:20180910073745j:image

『Eielson Visitor Center(アイルソンビジターセンター)』に到着しました。ここはDenali Park Roadの約66マイル地点にあるビジターセンターです。

f:id:pecopecoooom:20180910073730j:image

建物はとても新しくキレイです。

しかしオープンしているのは9:00〜17:30のみで、この日はトイレしか開いていませんでした。トイレは水洗でとてもキレイです。
f:id:pecopecoooom:20180910075217j:image

中も見て見たかったなぁ。

f:id:pecopecoooom:20180910113338j:image

ビジターセンターからの眺めです。

こちら側は氷河地帯で、ギザギザした山々と美しい谷の連続です。
f:id:pecopecoooom:20180910073752j:image

さらにアイルソンビジターセンターから走ること約1時間…
f:id:pecopecoooom:20180910073736j:image

21:00 約5時間かけ、バスは『Wonder Lake Campground(ワンダーレイクキャンプ場)』へ到着。

着いた途端に蚊の大群に囲まれました。

f:id:pecopecoooom:20180910075426j:image

着くと、レンジャーのボランティアの方がキャンプ場を案内してくれたのですが、テントサイトはほぼ勝手に決められてしまいました。笑f:id:pecopecoooom:20180910075359j:image

このキャンプ場では、食べ物や飲み物、歯ブラシなども各自のテントサイトで保管してはならず、臭いの出るものは全てこの『Food Locker(フードロッカー)』に入れなければいけません。
f:id:pecopecoooom:20180910075417j:image

フードロッカーの中はこんな感じ。中に棚があって、ザックごといれる人や、食べ物だけをいれる人など様々。
f:id:pecopecoooom:20180910075439j:image

ゴミ箱はあるのでゴミが発生しても大丈夫。
f:id:pecopecoooom:20180910075406j:image

トイレです。水洗トイレでしたが、電気がないので陽が落ちると真っ暗です。
f:id:pecopecoooom:20180910075429j:image

蛇口もありました。この水はそのまま飲めるようです。
f:id:pecopecoooom:20180910075422j:image

フードシェルターです。

ゴハンは全てここで食べなければいけません。フードシェルターは2箇所あり、各シェルターにテーブルが6つずつあります。
f:id:pecopecoooom:20180910075432j:image

今日はゴミ箱に缶を捨てられるからと、チリを持ってきました。フードシェルターは混みあったりするのでなんだか落ち着けません。
f:id:pecopecoooom:20180910075409j:image

キャンプ場から少し歩いて、ワンダーレイクを見に行ってみることにしました。
f:id:pecopecoooom:20180910075444j:image

ここでは毎日レンジャーがイベントを開催しています。ライリークリークのキャンプ場にもこのコーナーがありました。
f:id:pecopecoooom:20180910075447j:image

ワンダーレイクです。水が透明でとてもキレイな湖でした。よくここで撮影した写真を見ます。撮影スポットですね。
f:id:pecopecoooom:20180910075402j:image

デナリも見えました!
f:id:pecopecoooom:20180910075412j:image

明日も晴れそうです!

明日からのバックカントリーに備えて就寝です…

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅164日目 デナリバックカントリー5泊6日 最終日

2018年7月27日(金)晴れ

f:id:pecopecoooom:20180910065405j:image

5泊6日のトレッキングも今日が最終日です!
f:id:pecopecoooom:20180910065340j:image

帰る準備。
f:id:pecopecoooom:20180910065343j:image

11:30 トクラットリバーのレストエリアを目指します。レストエリアはあらゆるバスが休憩で止まるので、帰りのバスも捕まえやすそうです。
f:id:pecopecoooom:20180910065417j:image
f:id:pecopecoooom:20180910065336j:image

オオカミの足跡。
f:id:pecopecoooom:20180910065411j:image

レストエリア近くでは大規模な工事をしていました。従業員が住んでいるらしい家もたくさんこの辺りにありました。
f:id:pecopecoooom:20180910065333j:image

12:30 トクラットリバーのレストエリアに到着!

たくさん観光客とバスがいます。

緑色のバスなら、空席があればどれでも乗って帰れるシステムなので、パークエントランス行きのバスを見つけて乗せてもらいました。
f:id:pecopecoooom:20180910065414j:image

バスの運転手のすぐ後ろの席が景色が見やすくていいのかも。まるで合成のような景色です。
f:id:pecopecoooom:20180910065354j:image

突然運転手さんがシーッと言ってバスが止まりました。
f:id:pecopecoooom:20180910065357j:image

カリブー!!!笑

のんびり道路を歩いていました。

お客さんは大喜び。笑
f:id:pecopecoooom:20180910065425j:image

トクラットリバーから約2時間…疲れていても景色がキレイで全く寝ることは出来ませんでした。バスはビジターセンターに寄り、終点の『Wilderness Access Center』に到着しましたが、私たちが『Riley Creek 』のキャンプ場に車を停めてあると言うと、運転手さんのご好意でそのままバスでそこまで連れて行ってもらえました。

こーゆう柔軟な対応はあまり日本にはないなーとしみじみ。アメリカ人は優しいですね。
f:id:pecopecoooom:20180910065408j:image

『Riley Creek』のキャンプ場内にある施設。

ここには売店や、デナリ国立公園内の全てのキャンプ場の受付や、カフェ、ランドリー、シャワーがあります。
f:id:pecopecoooom:20180910065348j:image
f:id:pecopecoooom:20180910065400j:image

ここにはシャワーブースが5,6個あります。

コインシャワーです。一人10分で$4です。

f:id:pecopecoooom:20180910065351j:image

キレイとは言えませんが、全然良い方!

何より山から下りてきてすぐシャワーに入れる環境は素晴らしい!
f:id:pecopecoooom:20180910065330j:image

帰り道にある『Three Bears』(スーパーマーケット)でデニッシュを購入しました。

こちらでは、パンやドーナツはスーパーのものでもめちゃ美味しいです。

 

一旦フェアバンクスへ帰り休憩です。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅163日目 デナリバックカントリー5泊6日 5日目

2018年7月26日(木)晴れ

f:id:pecopecoooom:20180909163128j:image

トレッキング5日目。今日も良い天気です!
f:id:pecopecoooom:20180909163154j:image

序盤で濡らしてしまった靴たちは乾いても川臭がヤバイです。
f:id:pecopecoooom:20180909163225j:image

明日が最終日なので、今日もできるだけゴールを目指して進みます。
f:id:pecopecoooom:20180909163222j:image
f:id:pecopecoooom:20180909163114j:image

そういえばこの今回バックカントリーで入ってから誰一人として人間を見ていません。

一日に入れる人数はかなり少ないのかも。
f:id:pecopecoooom:20180909163151j:image

膝丈までの藪が続きます。

引っかかるので歩くのが大変です。
f:id:pecopecoooom:20180909163217j:image

花束みたいな花。
f:id:pecopecoooom:20180909163240j:image

どこから行こうか、地図には載っていないので近寄って見てみます。

f:id:pecopecoooom:20180909163157j:image

ガサガサ。
f:id:pecopecoooom:20180909163137j:image

かなり急な斜面。どうやらここじゃない方が良かったのかも。
f:id:pecopecoooom:20180909163141j:image

無事に沢に下りれました。ここはとてもキレイ!しかしこの先、そのまま目の前の川には藪が濃すぎて出られず、一旦また横の森に入ることに。この行ったり来たりがバックカントリーのしんどい所です。
f:id:pecopecoooom:20180909163249j:image
f:id:pecopecoooom:20180909163131j:image

森に入りました。ここからも苦戦続き…。

f:id:pecopecoooom:20180909163214j:image

2時間どこを見ても変わらない景色のこの森を歩く。
f:id:pecopecoooom:20180909163243j:image

森の中は蚊も多く、視界も悪く、やっと森を抜けれそう!と思ってもその先が崖だったりで降りることが出来なかったりで、ここが一番辛かったかも。
f:id:pecopecoooom:20180909163123j:image

森にはグリズリーより獰猛な性格と言われているブラックベアもいるそうですが、糞はほとんど見かけませんでした。
f:id:pecopecoooom:20180909163207j:image

20:30 やっと森を抜け、目標のトクラットリバーに出ることが出来ました!

あーよかった。
f:id:pecopecoooom:20180909163235j:image

キレイなところですねー。

この先に、トクラットリバーのレストエリアがあるので、明日はこの川沿いに歩いて行けば楽に帰れそうです。
f:id:pecopecoooom:20180909163146j:image

デナリ国立公園では、バックカントリーのルールとしてテントは道路や、ビジターセンターなどから最低0.8km離れなくてはならず、しかも見えない位置に張らなくてはいけないと決まっています。ここはトクラットリバーのレストエリアから距離はあるものの、まっすぐだから見えないかな?しかも黄色のテントは遠くからでもよく見えるので、こういう所だと緑の方が良かったな…と思いました。
f:id:pecopecoooom:20180909163211j:image

辺りにはたくさんの動物の足跡が!

カリブーや、オオカミ、クマの足跡もありました。川沿いは動物たちが集まりやすいです。
f:id:pecopecoooom:20180909163229j:image

今日のゴハンもラーメンです。ラーメンは日本人は登山の時よく食べますが、こっちではあまり食べられないようです。
f:id:pecopecoooom:20180909163246j:image

日が落ちてきて雲が次第にピンク色に。
f:id:pecopecoooom:20180909163134j:image
f:id:pecopecoooom:20180909163109j:image
f:id:pecopecoooom:20180909163203j:image

テントからの景色は最高です!
f:id:pecopecoooom:20180909163148j:image

靴が臭すぎたので、靴にエコソープを入れてまた川に突入して洗ってみましたが、これは止めた方がいいです。笑

f:id:pecopecoooom:20180909163117j:image

月が大きくてとてもキレイでした。緯度の違いだからなのかアラスカの月は低い位置に出ます。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅 162日目 デナリバックカントリー 5泊6日4日目

2018年7月25日(水)晴れ

f:id:pecopecoooom:20180828125057j:image

今日はバックカントリーパーミットをUNIT32で取っているので、今いるUNIT39から隣のUNIT32へ移動です。
f:id:pecopecoooom:20180828125053j:image

ここは人気がなくて、本当に良いテン場だったなぁ。

今日はデナリは雲の中でした。
f:id:pecopecoooom:20180828125102j:image

私がテント泊の時に使用しているザックです。『OSPREY ARIEL65』というものですが、私の体にはぴったり合っていて、ほとんどトラブルはありません。値段も大型ザックの中ではお手頃なので愛用しています。

f:id:pecopecoooom:20180828125325j:image

12:10 少し進んだ所の沢で飲み水を汲みスタートです。
f:id:pecopecoooom:20180828125238j:image

今日目指すUNIT32は今いる所からそう遠くはないのですが、明後日にはゴールしなければならないので、少しでも進んで最終日に楽したいなーという計画です。
f:id:pecopecoooom:20180828125253j:image

昨日も散策に来た沼。今日は左回りで進んでみます。
f:id:pecopecoooom:20180828125335j:image

この谷の奥がどうなっているのか気になりますね。
f:id:pecopecoooom:20180828125316j:image
f:id:pecopecoooom:20180828125303j:image

枯れた沢がありました。こーゆう所を歩くのが歩きやすくて良いですね。沢の両脇の藪にはライチョウの団体がいくつも身を潜めていました。ギリギリになって羽ばたくので驚かされます。笑
f:id:pecopecoooom:20180828125348j:image

振り返ってみるとこの景色。
f:id:pecopecoooom:20180828125218j:image

地図を見ながら目標地点を決めます。

大体7,8kmくらい歩けばいいかな?
f:id:pecopecoooom:20180828125421j:image

デナリでは秋には一面にブルーベリーがなるそうなのですが、また青い状態の実がなっていました。熟するのが楽しみです。
f:id:pecopecoooom:20180828125308j:image

名前はわからない花。
f:id:pecopecoooom:20180828125407j:image

キレイに咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20180828125330j:image

この沢ももうこの辺で終わりそう。
f:id:pecopecoooom:20180828125353j:image

仕方ないですが、沢から横に上がり隣の草地へ。でも割と歩きやすそう。
f:id:pecopecoooom:20180828125228j:image
沢から出ると広い草原に。

ここは周りを山に囲まれていましたが、本当に広く気持ちよく歩けました。
f:id:pecopecoooom:20180828125232j:image

あー海外トレッキングって感じだなぁーと思いながら、るんるん
f:id:pecopecoooom:20180828125715j:image

遠くにグリズリーを発見!

300m以上は離れていますが、大きくて白く見えるので目立ちます。1匹でしたが、ずっとお気に入りの藪を行ったり来たりしていました。f:id:pecopecoooom:20180828125402j:image
途中で飲み水から足りなくなり、節約しながら歩きましたが厳しい状態に。
f:id:pecopecoooom:20180828125312j:image

水も飲みたいし、疲れてきた。
f:id:pecopecoooom:20180828125258j:image

やっと見つけた細い沢で飲み水を汲みました。ここの水は流れも結構あって、冷たくて美味しかったです。

f:id:pecopecoooom:20180909154727j:image

途中はお決まりの藪漕ぎ。所々、藪は背の高さまでになり、熊に警戒して大声を出して歩きます。ちなみにデナリのムービーでは「Hey!Bear!」と叫びながら藪の中を歩いていましたが、私たちはイッテQのお祭り男ファンなのでかけ声は「ワッショーイ!」です。笑
f:id:pecopecoooom:20180909154730j:image

この沢は水に何か含まれているのか、岩が赤くなっていました。
f:id:pecopecoooom:20180909154701j:image

川の水も濁っています。
f:id:pecopecoooom:20180909154658j:image

この辺りで立派な角の生えたカリブーが颯爽と歩いて行きました。さすがこの地で生きているだけあって、私たちとは比べものにならないスピードでこの丘を駆け上がって行ってしまいました。
f:id:pecopecoooom:20180909154719j:image

すごい色の川の水。
f:id:pecopecoooom:20180909154713j:image
f:id:pecopecoooom:20180909154656j:image

ここで調理用の水を調達。2リットル持つだけで足取りは重たくなります。
f:id:pecopecoooom:20180909154651j:image

ダラダラ。もう疲れた。
f:id:pecopecoooom:20180909154704j:image

21:30 目標の沼の所にやっと到着。

着いた頃にはかなり肌寒くなっていて、昨日までとは大違い。急に季節が秋に進んだ感じがしました。
f:id:pecopecoooom:20180909154722j:image

今日のご飯は韓国のラーメンです。

寒い時はラーメンが一番。
f:id:pecopecoooom:20180909154716j:image

この日は雲がとてもキレイに出ていました。
f:id:pecopecoooom:20180909154709j:image

明日もゴール方面へ進みます。

疲れてぐっすり。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅161日目 デナリバックカントリー5泊6日 3日目

2018年7月24日(火)晴れ

f:id:pecopecoooom:20180828124208j:plain

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

7:00 テントの外から人の声がするなーと思って起きると、グリズリー親子がテントの側まで来ていました。相方さんがテントの裏の池辺りを散策していると歩いてきたそうです。

母グマは至って冷静で、こちらを通っていきたかったのでしょうが、私たちが声を出してストックを振り回したりしていたので元来た方向へ戻っていきました。何事もなくて良かったなーと思いましたが、すぐに逃げなかったあたり、明らかにANWRのクマよりは人馴れしていると感じました。

f:id:pecopecoooom:20180827120516j:image

今日もデナリがよく見えます!快晴です!
f:id:pecopecoooom:20180827120547j:image

テント前の風景です。
f:id:pecopecoooom:20180827120536j:image

どこにテントを張ってもいい所がバックカントリーの醍醐味ですね。
f:id:pecopecoooom:20180827120531j:image

右下に小さく、ゴハン準備をしている相方さん。ベアコンテナもテントから100ヤード離れた位置に置いて保管します。
f:id:pecopecoooom:20180827120551j:image
f:id:pecopecoooom:20180827120543j:image

ハミガキをする時は水をこのように霧状にします。(デナリのムービーでこうやっていたので今回からこうすることにしました。)
f:id:pecopecoooom:20180827120557j:image

ギラギラのキノコが生えてました。
f:id:pecopecoooom:20180827120520j:image

今日は移動はなしなので、荷物を置いて周りを散策に。水場も探さないと。

f:id:pecopecoooom:20180827120949j:image

テントから少し離れた所。デナリはさすが、6000m級の山だけあって偉大です!

デナリには大体3週間程かけて登るコースが一般的だそうで、毎年4月下旬から7月中旬がシーズンのようです。2018年には1114名の方がデナリに挑戦し、496名の方が登頂に成功したそうです。
f:id:pecopecoooom:20180827120945j:image

大自然すぎる。
f:id:pecopecoooom:20180827120932j:image
f:id:pecopecoooom:20180827120941j:image

テント裏の池です。
f:id:pecopecoooom:20180827120736j:image

池の周りにクマの足跡がありました。他にもいくつかあったのでここはよく動物が来る場所なのかも知れません。
f:id:pecopecoooom:20180827120916j:image

カリブーの足跡も。
f:id:pecopecoooom:20180827121006j:image

裏の谷を偵察にいくことにしました。

こちらも景色が違って良い感じです!
f:id:pecopecoooom:20180827121012j:image

今朝来た親子クマはこちらの方へ逃げていきましたが、どこに行ったのか。別ルートから山を降りたんでしょうか。気をつけながら進みます。
f:id:pecopecoooom:20180827120921j:image

THE海外って感じ。笑
f:id:pecopecoooom:20180827121001j:image
f:id:pecopecoooom:20180827120756j:image

水場を発見!テントからもそんなに遠くない!

帰り道に汲むことにして今は飲み水だけボトルに入れました。(もちろん浄水しました)
f:id:pecopecoooom:20180827121017j:image
f:id:pecopecoooom:20180827120837j:image

少し進むとまた別の沼が。ここもキレイな所でです。

ここでお菓子を食べながら小休憩。
f:id:pecopecoooom:20180827120936j:image

こっちによく咲いている花。
f:id:pecopecoooom:20180827120825j:image
今回の山行のバックカントリーパーミットをとる時に、計画をレンジャーに見せるのですが、その時に「Interesting!」と言われたので、あまりメジャーなユニットではないんだろうなと思いましたが(予約人数もあまり入ってなかったし)、ここは来るのが大変なだけで、むしろ良い場所だったんじゃないか??
f:id:pecopecoooom:20180827120821j:image

ここらからクマの糞があちらこちらに落ちていました。ここはクマの棲家らしいです。
f:id:pecopecoooom:20180827120956j:image
2時間程ウロウロして戻ることに。

今日は日差しもキツくて真夏のようです。
f:id:pecopecoooom:20180827121023j:image

テントへ帰ってきました。
f:id:pecopecoooom:20180827120850j:image

ゆっくりお茶タイム。

この旅で結局バーナーはこの『JETBOIL MINIMO』がなんだかんだと使いやすく、一番重宝するなーと感じました。

お湯を沸かすのは一番早いし、テントの中でも車の中でも使えるし、燃焼効率がいいのでガス缶も長持ちします。PRIMUSのP−153も持って来ましたが、ハイパワー過ぎて缶詰をそのまま温める時にずっとかき混ぜていないとほぼ底が焦げます。笑

このJETBOILはとろ火ができるのでかなり役立ちます。

そういえばsnowpeakのクッカーやコップは日本企業の物ながら、アラスカのアウトドアショップにも売っていました。
f:id:pecopecoooom:20180827120831j:image

相方さんはその辺を見てくると言って、目の前の崖の山に登っていました。笑
f:id:pecopecoooom:20180827120740j:image

私はテントの中で休憩。外には蚊も出始めました。
f:id:pecopecoooom:20180827120843j:image

23:00頃。カチャカチャとテントの外から聞き慣れた音がするなーと思い、外を見てみると…
f:id:pecopecoooom:20180827120751j:image

カリブーでした!!笑

やっぱりここは動物の通り道なんですね。
f:id:pecopecoooom:20180827120815j:image

この日も夕焼けがキレイでした。
f:id:pecopecoooom:20180827120909j:image

明日はユニット32に入らなければいけないので移動です。

 

つづく…

カナダ〜アラスカ旅160日目 デナリバックカントリー5泊6日 2日目

2018年7月23日(月)晴れ

f:id:pecopecoooom:20180827115645j:image

クマの恐怖はどこへやら、久しぶりに大型ザックを持って歩いたため熟睡してかなり遅めに起床です。朝昼兼用ご飯はシリアルとパンでした。テントに食べ物の匂いがつかないよう100ヤード(約91m)離れた位置で食事です。
f:id:pecopecoooom:20180827115724j:image

14:40 移動開始です。

今回は今いるユニット39に3泊、その後ユニット32に移動して2泊の予定です。全部で23kmくらいのコースなので、ガイド本には3日の行程で載っていましたが、私たちはかなりスローペースな上、スタミナもないのでかなり余裕をもって6日で回るようにしました。
f:id:pecopecoooom:20180827115505j:image

道はこんな感じ。これはまだ木が薄いので進めますが、あちこち引っかかるのでやっぱり体力消耗。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115553j:image

今日も相変わらずのブッシュ地帯を進んで行きます。

今日は眺めのいい所にテントを張りたいなぁ
f:id:pecopecoooom:20180827115537j:image

ブッシュを避けながら、なるべく歩きやすい所を歩きますが、地図の縮尺が63360:1のため地図に載っていない沢があったりして、結局は目視による確認方法になってしまいます。

行けると思って行ったのに、藪が濃すぎて迂回することもしょっ中です。
f:id:pecopecoooom:20180827115718j:image

相変わらず川は何度も渡らなければ先へは進めません。
f:id:pecopecoooom:20180827115522j:image

この日もどうせ靴は昨日びしょびしょになってしまったしと、躊躇なく突入。
f:id:pecopecoooom:20180827115705j:image

この地帯はほとんどがこんな道のイメージです。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115629j:image

藪に突入。
f:id:pecopecoooom:20180827115713j:image

デナリのBookstore(売店)で購入したデナリボトルに日本から持ってきたスポーツドリンク(粉)を入れたらすごく派手になりました。
f:id:pecopecoooom:20180827115709j:image

景色はこんなにキレイなのに。もう少し歩きやすければなぁ。
f:id:pecopecoooom:20180827115604j:image
f:id:pecopecoooom:20180827115654j:image
基本沢沿いを歩いて行ったのですが、藪があまりに濃くなってくると進めないので上に上がって確認します。

ここは河原がたまに出てきたりそうでなかったりと、川を進んでいくのは難しそう。
f:id:pecopecoooom:20180827115700j:image
写真には撮れませんでしたが、ここにカリブーがいました。
f:id:pecopecoooom:20180827115728j:image

この一帯に生えてるブッシュですが、よくカリブーが食べているものです。
f:id:pecopecoooom:20180827115558j:image

かなり疲れてきましたが、景色は絶景です!

相方さんのザックが老朽化により新しいものに変わったのですが、彼が使っているのはGREGORYのDENALI100というものです。さすがGREGORY、快適さが違うそうです。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115611j:image
f:id:pecopecoooom:20180827115748j:image

これは靴を濡らさず渡れるパターン。
f:id:pecopecoooom:20180827115541j:image

水は結構勢いがありますが、渡れない程の所はあまりありませんでした。
f:id:pecopecoooom:20180827115649j:image

今回新しく浄水器を購入しました。

MSRのもので『HyperFlow Microfilter』という、トレッキング向けにわずか209gと、とても軽く、ポンプ式なので浄水スピードも1分3リットルととても速いです。
f:id:pecopecoooom:20180827115636j:image

さっきからずっと見えている山ですが、全然近づきません。
f:id:pecopecoooom:20180827115620j:image

足元は常にこれくらいの沈み具合で、まぁ進みが遅いです。

この木も足に絡まってくるので、余計に足をあげて歩かなければならずきっと外人より足の短い日本人は大変なんだと思います。
f:id:pecopecoooom:20180827115624j:image
それにしても、人に全く会いません。

このユニットは人気がないのか、マニアックルートだからなのか…。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115752j:image
f:id:pecopecoooom:20180827115741j:image

ガサガサ。笑

こんな所ばかりなので腕は傷だらけになりました。
f:id:pecopecoooom:20180827115640j:image

黄色い花がたくさん!
f:id:pecopecoooom:20180827120019j:image

このコースは大半が藪漕ぎですが、道路から離れた山深い所な分壮大な景色が広がります。
f:id:pecopecoooom:20180827120115j:image
きれいな所だなぁ。
f:id:pecopecoooom:20180827120057j:image

デナリ方面。デナリは雲に隠れてしまいました。
f:id:pecopecoooom:20180827120013j:image

ずっと眺めていた山の麓まで来ました!この日の歩行距離は大体7,8kmでしょうか。やっとテントを張れそうな所を発見!あともう一踏ん張り。
f:id:pecopecoooom:20180827120038j:image

なにか珍しい花。
f:id:pecopecoooom:20180827120029j:image

20:20 また今日もクタクタになりながら、テントを張るのに良さそうな場所を見つけ幕営。ここは良い所です!
f:id:pecopecoooom:20180827120120j:image

テントの裏には沼がありました。

この辺には水場がなかったのでここから汲もうかと思ったのですが、ちょっと濁り過ぎていたのでここでは無理だねということに。とりあえず今日は来る途中で汲んで来た分があるので、水場はまた明日探しに行くことに。
f:id:pecopecoooom:20180827120107j:image

テントの裏の光景。私たちが進もうとしているコースはこの谷のはず。
f:id:pecopecoooom:20180827120023j:image

裏の沼の周りにワタスゲが咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20180827120048j:image

テント横の崖。
f:id:pecopecoooom:20180827120044j:image

これはなんの花かわかりませんが、フカフカしていて色も鮮やかでとてもキレイでした。しかもこれで咲ききった状態なのかもわかりませんが、この花がそこら中に咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20180827120003j:image
貸切!!この辺りは地面も固くて歩きやすいし、なにより眺めが良いのでここに2泊することに決めました!
f:id:pecopecoooom:20180827120033j:image

ゴハンタイム。今日の夜ゴハンはパスタとサンドイッチです。
f:id:pecopecoooom:20180827120007j:image

テントでは食べられないのでゴハンは道具を一式持ってこんな感じ。

f:id:pecopecoooom:20180827120246j:image

夕陽もキレイですね。この山行で一番テンションが上がる場所でした。
f:id:pecopecoooom:20180827120241j:image

空の雲も焼けてきました。
f:id:pecopecoooom:20180827120251j:image

明日はここでもう1泊なのでゆっくりしてられそうです。

 

つづく…

https://instagram.com/pecopecoooom/