山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅を終え、日本に帰ってきました!旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

3週間後のタケノコ山BC

f:id:pecopecoooom:20190215005229j:image

【日程】2019年2月13日(水)

【天気】曇りのち晴れ
【エリア】南富良野

f:id:pecopecoooom:20190215010430j:image

12:00 約3週間前にも来たタケノコ山へ、またやって来ました。今日はワンコの付き添いはなしです。
f:id:pecopecoooom:20190215010403j:image

除雪が入ったのかな??というくらいしっかりとした道が出来ていました。

3連休明けだったのでかなりの人が入っているようでした。この日も私たちの前に何人か入ってるよう。
f:id:pecopecoooom:20190215012322j:image

今日は美瑛の道の駅で車中泊をして、それから来たのですが、朝、美瑛は快晴だったのに、南富良野は雪です…。
f:id:pecopecoooom:20190215010103j:image

休憩ポイント。

買ってきたピーナッツクリームパンを食べました。歩いてると暑くなるのに、休んだ瞬間に体が冷えます。
f:id:pecopecoooom:20190215010416j:image

立派な木。

モモンガの糞らしきものを見つけました。

きっとこの森にもいるんだと思います。

見てみたいなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
f:id:pecopecoooom:20190215011107j:image

スノーシューはアトラスのものです。

スノーボードブーツにそのまま装着出来ます。

女性モデルなので、幅が狭く、軽いので歩きやすいです。
f:id:pecopecoooom:20190215010201j:image
f:id:pecopecoooom:20190215011137j:image

前回来た時に手の冷えが辛かったので、今日は手にホッカイロを貼りながら歩いたら丁度よかったです。笑
f:id:pecopecoooom:20190215010153j:image

青空が!
f:id:pecopecoooom:20190215010015j:image

晴れてきました。
f:id:pecopecoooom:20190215005946j:image

どれくらい上がってきたのか。タケノコ山自体は1000mないくらいの低山です。
f:id:pecopecoooom:20190215005952j:image

見晴らしも良くなってきました。
f:id:pecopecoooom:20190215010021j:image
f:id:pecopecoooom:20190215010004j:image

前に通った方のトレースをそのまま使わせてもらっていますが、先日来た時とは随分コースが違うようでした。
f:id:pecopecoooom:20190215010423j:image
やっぱり山は晴れないと!
f:id:pecopecoooom:20190215005229j:image
f:id:pecopecoooom:20190215011119j:image

斜面に映る木の影がキレイでした(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190215010213j:image

木も少なくなってきて、頂上まであと一歩です。
f:id:pecopecoooom:20190215005940j:image

頂上付近の雪庇が発達するところです。

前来た時よりかなり大きくなっていました。

あまり左側に寄らないように注意。
f:id:pecopecoooom:20190215012327j:image
来た道。
f:id:pecopecoooom:20190215012334j:image

右側の景色。こちらと繋がっているらしいです。
f:id:pecopecoooom:20190215010112j:image

前回は何も見えませんでしたが、いい眺めですね。
f:id:pecopecoooom:20190215010027j:image

14:00 到着!!
f:id:pecopecoooom:20190215010056j:image

ここはこないだとほとんど変わらない景色ですね。
f:id:pecopecoooom:20190215011103j:image

ここで少しだけひと休み。
f:id:pecopecoooom:20190215005928j:image

今日は頂上からも景色がはっきりと見えます!
f:id:pecopecoooom:20190215011111j:image

富良野の町。小さいですね。
f:id:pecopecoooom:20190215010207j:image

さて下ります!ここでスノーシューを脱いで、ストックとスノーシューをザックに落ちないようにくくりつけ、ヘルメットやらゴーグルやらをつけますが、その準備の時間が寒すぎて嫌いです。笑

極寒で手は感覚がないし、以外と細かい作業をしないといけないのに、グローブを履いたままだと出来ないので指が凍りつきます(*_*)

f:id:pecopecoooom:20190215011629j:image

カフカ。雪が深い。

f:id:pecopecoooom:20190215011438j:image

今日も結構積もっています!でも少しだけ重たい雪でした。広い斜面ですが、起伏が結構あります。

初心者の私は既に誰かが滑った跡で作られた深い溝に引っかかってぶっ飛ぶというオチでした。笑

f:id:pecopecoooom:20190215011141j:image

滑り下ります!!

相方さんを見てるとスキーもいいなぁと思う。笑

f:id:pecopecoooom:20190215015002j:image

私は全然ダメでした。。。笑

日が違えば雪の状況も変わって全然違う山になりますね。練習が必要です(ノД`)
f:id:pecopecoooom:20190215012221j:image

今日こそは旭川に寄ってお気に入りのラーメン屋に行こうと思っていたのに、またここへ来てしまいました。。

支那虎』の焦げ塩。今日は大盛。

食べきれないのに。笑
f:id:pecopecoooom:20190215012226j:image

と、でべそ飯。

相変わらず美味しかったです。

 

 

おわり

 

ニョロニョロの洞窟スノーシューハイク

f:id:pecopecoooom:20190209004154j:image

【日程】2019年2月8日(金)

【天気】曇りのち雪 強烈寒波の到来
【エリア】室蘭・登別周辺

f:id:pecopecoooom:20190209004312j:image

今日は大滝のニョロニョロの洞窟へ!

ここも以前から行ってみたいと思っていましたが、なかなか機会がなく、やっと行けました!

道路に車を停めたり、私有地の畑を横切ると、地元ガイドにめちゃくちゃ怒られたとの情報多数で、森から入っていくことに。

そして今日は40年振りだかいつぶりだかの強烈寒波が北海道に来ていて、予報だと、最高でも−11℃とのこと。ここは−15℃にもなっていました。
f:id:pecopecoooom:20190209004550j:image

いつもより厚めに装備をして、足裏にはホッカイロも貼りました!洞窟までは1時間くらいの道のりで、ほとんど平坦な歩きということで、かなり寒そう(-∧-;)
f:id:pecopecoooom:20190209004352j:image

みんなスノーシューを履いてスタート!
f:id:pecopecoooom:20190209004528j:image

さっそくモンスター化している木が。
f:id:pecopecoooom:20190209004554j:image

いい森ですねぇ。

気温が低いから雪も軽くてサラサラです。
f:id:pecopecoooom:20190209004317j:image

なにか動物はいないかな?
f:id:pecopecoooom:20190209004347j:image

歩く歩く。この彼はスノーシューが今日初めてとのこと。初めての人にも歩きやすいコースたと思います(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190209004342j:image

こんなビッグモンスターツリーの間を通り…
f:id:pecopecoooom:20190209004302j:image
f:id:pecopecoooom:20190209004523j:image

少しの登りがあったり。
f:id:pecopecoooom:20190209004328j:image

慣れないスノーシュー歩きにひっくり返ったり。笑

急斜面では尻滑りも楽しめて結構楽しい(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190209004257j:image

木の上部には雪がこんもり。これが時々パラパラと落ちてきてとてもキレイでした。
f:id:pecopecoooom:20190209004935j:image

ツアーの方のトレースがあり、そこと合流しました。洞窟へ向かって歩いていくと右側が開けて、山が見えました。

f:id:pecopecoooom:20190209004901j:image
モコモコの雪の中を歩いていきます。ここからはほとんど平坦。
f:id:pecopecoooom:20190209004534j:image

地元ツアー会社も使っているそうで道が結構はっきり残っています。まぁ私たちが今歩いたのもあるけど。
f:id:pecopecoooom:20190209004545j:image

道の脇を流れる川。
f:id:pecopecoooom:20190209004333j:image

水の流れる音が心地よい(*^^*)
f:id:pecopecoooom:20190209004539j:image

そして1時間足らずで洞窟のポイントに到着。

洞窟はどこにあるかというと…

f:id:pecopecoooom:20190209004735j:image

歩いてきた道から左側に。少し高い位置にありました。スノーシューを脱いでいざ洞窟へ!
f:id:pecopecoooom:20190209004813j:image

おぉー!結構広い!
f:id:pecopecoooom:20190209004719j:image

出来てます!これがニョロニョロ!
f:id:pecopecoooom:20190209004809j:image

洞窟の入り口。
f:id:pecopecoooom:20190209004749j:image

でっかい!そしてすごい透明度。
f:id:pecopecoooom:20190209004742j:image

氷の中に苔が。スノードームみたいでかわいい(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190209004940j:image

ニョロニョロとは、氷筍(ひょうじゅん)のことで氷筍とはつららの逆さまバージョンのようなもの。洞窟の上から滴り落ちた水滴が凍ってニョキニョキと高さを伸ばしていくそうです。f:id:pecopecoooom:20190209004154j:image

すごい数!!洞窟の中はとても暖かく、スペースもあったので休憩もできそうでした。
f:id:pecopecoooom:20190209004706j:image

そして天井は雪の花が。これもキレイ。
f:id:pecopecoooom:20190209004724j:image

下から伸びる無数の氷筍。

まさにニョロニョロって感じですね。

f:id:pecopecoooom:20190209005316j:image

上から見た図。中までちゃんと見える。
f:id:pecopecoooom:20190209004804j:image

何人くらい入れるんでしょうか。私たちの他にツアーで3人いましたが、まだまだ入れそうです。ただニョロニョロをうっかり折ってしまわないかそれだけが心配でした。笑
f:id:pecopecoooom:20190209004729j:image

色んな形があります。

少し休憩をして、ニョロニョロを存分に堪能しきた道を戻りました。

森から入ってきたので、一箇所だけ帰りに急斜面を登らなければ行けませんでしたが、とても楽しいコースでした。

f:id:pecopecoooom:20190209005020j:image

帰りには定番の『きのこ王国』へ。

観光客だらけでバスがめちゃくちゃ停まっていました。
f:id:pecopecoooom:20190209005024j:image

キノコ天丼セット 980円

キノコ汁付き。お腹がいっぱい過ぎて若干気持ち悪いくらいでした。笑

 

見所満載でコースも楽チンなので、初めてのスノーシュー体験にとても良いコースだと思います(*´◡`*)

 

おわり

タケノコ山BC

f:id:pecopecoooom:20190127003909j:image

【日程】2019年1月25日(金)

【天気】曇り時々雪
【エリア】南富良野

f:id:pecopecoooom:20190126104932j:image

今日は今年初のバックカントリーへ、南富良野にある通称タケノコ山へ。
f:id:pecopecoooom:20190126104919j:image

今日はワンコ付きです。笑

雪のモフモフ具合に嬉しそう!笑
f:id:pecopecoooom:20190126141101j:image
始めは割と平坦な樹林帯歩きです。

元々そんなに高い山ではないのですが、滑れる斜面が広く、初心者の私でも滑りやすいということでやって来ました。
f:id:pecopecoooom:20190126141115j:image

ちょうど北海道に低気圧が来た直後で、昨日も結構雪は降っていたよう。私たちの他に2名程ソロで登っている方々がいましたが、それ以外はトレースはないようでした。
f:id:pecopecoooom:20190126104924j:image

私はボードなのでスノーシューですが、相方さんはスキーなのでスイスイ進んで行きます。
f:id:pecopecoooom:20190126105126j:image

時々、木にピンクテープが付いています。
f:id:pecopecoooom:20190126140935j:image

松の良い森です。
f:id:pecopecoooom:20190126141051j:image

はしゃいでいます。笑
f:id:pecopecoooom:20190126141129j:image

この辺りからは登りです。斜度がきつくなっていきます。

f:id:pecopecoooom:20190126140957j:image

結構急な登り。
f:id:pecopecoooom:20190126141035j:image

トラバースしながら登っていくのですが、スノーシューの浮力が足りず一歩一歩沈んでしまいました。特に谷側の足がズルっと滑りやすく、登るのが大変(´-`).。oO
f:id:pecopecoooom:20190126141123j:image

結構急です。雪の塊はコロコロとあっという間に落ちていきます。
f:id:pecopecoooom:20190126141023j:image
f:id:pecopecoooom:20190126141043j:image

あの奥が滑る斜面の終わり辺りらしいです!

雪、めちゃくちゃ積もってそうですね!
f:id:pecopecoooom:20190126104928j:image

トドマツ。
f:id:pecopecoooom:20190126140939j:image

登るにつれ木がモンスター化してきました。
f:id:pecopecoooom:20190126141111j:image
ワンコはまだ元気です。笑
f:id:pecopecoooom:20190126141019j:image

稜線に出ました!やっぱり寒いですねー!

気温は−7,8℃とかだと思いますが、今日は上下ウェアを着たまま汗をかくことなく登ってきました。何より手が冷たい…。
f:id:pecopecoooom:20190126141149j:image

前回来た時はもう少し展望が良かったのですが、今回は雪と雲でぼんやりしてますね。
f:id:pecopecoooom:20190126140948j:image

もうすぐ頂上!!木の枝まで全部真っ白でとてもキレイでした(^ ^)
f:id:pecopecoooom:20190126141003j:image

晴れてたらもっとキレイだっただろうに。
f:id:pecopecoooom:20190126141106j:image

ぼやーん。
f:id:pecopecoooom:20190126141055j:image

幻想的な光が。
f:id:pecopecoooom:20190126141119j:image

今日は手前の斜面を滑ります!

ボードは本当にヘタクソなのであれですけど、めちゃくちゃ積もっていて面白かったです(●´ω`)ノ

f:id:pecopecoooom:20190126140943j:image

結構起伏があるのですが、これくらい積もってくれると私でも怖くない(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190126140930j:image

ワンコは雪が深すぎて全然走れていませんでした。笑。まるで海を泳いでくるよう。笑
f:id:pecopecoooom:20190126140953j:image

帰りは富良野の『支那虎』へ!

こげ塩ラーメン 800円。久しぶりに食べましたがこれがウマイ!ただ16時くらいだったのに、全員海外観光客で満席でした。
f:id:pecopecoooom:20190126141013j:image

満足です(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190126105120j:image

近くにある『富良野マルシェ』にも寄りました。
f:id:pecopecoooom:20190126104941j:image

f:id:pecopecoooom:20190126104937j:image

富良野のワインやチーズ、お菓子など特産品がたくさん売っています。見るだけでも楽しいのでいつも必ず寄ります。
f:id:pecopecoooom:20190126141039j:image

今年はゴムチューブ滑りができるようになっていました。笑

 

おわり

冬のタウシュベツ川橋梁 スノーシューハイク

f:id:pecopecoooom:20190116233744j:image

【日程】2019年1月16日(水)
【天気】晴れ時々曇り

f:id:pecopecoooom:20190118235005j:image

今日はずっと行ってみたかった上士幌町にある『タウシュベツ川橋梁』へ!

朝4時に札幌を出発。高速を使っても9時頃目的地に到着。すごく遠いです(´д`)

糠平湖はニペソツ山やウペペサンケ山、白雲山などの東大雪の山に近い所にあります。

糠平国道沿いに五の沢という駐車場の看板がありましたが、雪で全然わかりませんでした。

みんな道路脇に斜めに停めていて路駐のように見えましたが、ここが駐車場のようです。結構車いるなぁ。
f:id:pecopecoooom:20190116232413j:image

今日はスノーシューを持ってきたので、車を停めた位置からそのまま糠平湖方面へまっすぐ森へ侵入。
f:id:pecopecoooom:20190116233810j:image

すぐに踏み跡でコースのようになっている道に合流。
f:id:pecopecoooom:20190116232543j:image

10分程歩くとすぐに広い湖に出ました!

この時期になると湖の水が凍ってしまうので氷上を歩いて行けます。
f:id:pecopecoooom:20190116232448j:image

有名なタウシュベツ橋梁まではおよそ2km。楽に行けそうですが、風が冷たい!!
f:id:pecopecoooom:20190116232706j:image

薄く積もった雪をはらうと氷の地面が。
f:id:pecopecoooom:20190116232530j:image

中の草がそのまま凍っていました。こんなにハッキリ見えるなんて、糠平湖は透明度が高い湖なのかな?
f:id:pecopecoooom:20190116232506j:image

壮大な光景。糠平湖はダム建設によって作られた人造湖だそう。
f:id:pecopecoooom:20190116232549j:image

何かを見つけてはつつく。笑
f:id:pecopecoooom:20190116232428j:image

遠くにワカサギ釣りのテントがいくつもありました。

駐車場にいた車はほとんどワカサギ釣りだったよう。
f:id:pecopecoooom:20190116232535j:image

とにかく広い!

f:id:pecopecoooom:20190116233631j:image

ここは氷が盛り上がっていました。でっかい花のよう。
f:id:pecopecoooom:20190116232318j:image

相方さんはアイスホッケー部だったのでスノーシューじゃなくてスケート靴を持ってこれば良かったと後悔。笑
f:id:pecopecoooom:20190116233751j:image

氷にはしゃぐ大人たち。笑

めちゃめちゃ滑ります。これは面白い。笑
f:id:pecopecoooom:20190116233625j:image

何層にも見える雪の塊。これは『アイスバブル』と呼ばれるもので、湖の底から発生したガスが湖面に出る前に湖の氷が凍るとこのように閉じ込められたような形になるのだそう。
f:id:pecopecoooom:20190116232435j:image

少し歩いては氷の出ているところが気になり足を止める。笑
f:id:pecopecoooom:20190116232524j:image

氷の薄い部分を掘っていくと砂の地面が出てきました。氷の層と砂の地面の間は空洞になっており、なぜ氷が浮いた状態になっているのか不思議。
f:id:pecopecoooom:20190116232422j:image

橋がある方向は天気が悪そう。

向かい風がめちゃくちゃ冷たいです。

バラクラバを持ってこればよかったなぁ。
f:id:pecopecoooom:20190116233756j:image

橋梁が見えてきました!意外と距離があるので小さく見えます。
f:id:pecopecoooom:20190116233817j:image

だんだん近づいてきた!
夏は湖の上なのでこんなに近寄れないそうですよ。
f:id:pecopecoooom:20190116232417j:image

これがタウシュベツ橋梁f:id:pecopecoooom:20190116232324j:image

橋の本当に周りにはロープが張られて入れないようになっています。

f:id:pecopecoooom:20190117150120j:image

北海道遺産『タウシュベツ川橋梁』到着ーー!!

森に入ってから氷に夢中になり何度か寄り道もしましたが、1時間くらいはかかりました。

f:id:pecopecoooom:20190117150545j:image

一面に広がる冬景色。この辺りは東大雪エリアなので自然も豊かですねー。
f:id:pecopecoooom:20190116232443j:image

タウシュベツ川橋梁より更に奥の景色。山方面は天気が荒れ気味。
f:id:pecopecoooom:20190116233636j:image

もう崩落が進み過ぎて見られなくなるのも時間の問題だそうです。確かに何年か前の情報ですが、ネットで調べたものより橋が欠けています。

f:id:pecopecoooom:20190117150148j:image

空撮。この橋は人造湖である糠平湖の水位が季節や発電により大きく変わるために橋梁自体が水没してしまうこともあり、幻の橋と呼ばれているそうです。
f:id:pecopecoooom:20190116232826j:image

陽も白い。白銀の世界です。
f:id:pecopecoooom:20190116232658j:image

橋も無事見れたことだし、かなり寒いので戻ります。
f:id:pecopecoooom:20190116233018j:image

さむーい。今日は特別気温が低いのか…。

−8,9℃にはなってそう。
f:id:pecopecoooom:20190116232512j:image

行きの時より増えているワカサギテント。

どうやらここは有料のワカサギ釣り場らしく、スノーモービルの人が何度もテント一帯と森を往復していました。後で調べたら1日券は500円。シーズン券は5000円だそうです。
f:id:pecopecoooom:20190116232452j:image
f:id:pecopecoooom:20190116233259j:image

天然の滑り台。ここが気に入ってしばらく遊んでいましたが、ドンっという音と振動で恐ろしくなり撤退しました(・・;)
f:id:pecopecoooom:20190116232332j:image

氷の中がとにかくキレイです。
f:id:pecopecoooom:20190116232252j:image

森に到着。ネズミが雪の中にダイブしたのを見ましたが、雪の中に小さなトンネルのような道を作っていました。雪の中を進んでいたとは驚きです。
f:id:pecopecoooom:20190116233252j:image
f:id:pecopecoooom:20190116232517j:image

森の入り口にベンチがありました。
f:id:pecopecoooom:20190116233735j:image

横に伸びるまっすぐな道。歩行のためのものなのか、線路とかがあったように見えます。
f:id:pecopecoooom:20190116232307j:image

猿の腰掛け。
f:id:pecopecoooom:20190116232500j:image

駐車場に到着!!唇が紫になる程冷え切りました。笑

f:id:pecopecoooom:20190117150333j:image

帰りに道の駅『ピア21しほろ』へ。改装されてとてもキレイになっていました!
f:id:pecopecoooom:20190117150314j:image

広い!おしゃれなカフェと食堂も入っていました。

f:id:pecopecoooom:20190117150339j:image

じゃがいも大福。相方さんと1つずつ買いました(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190117150410j:image

休憩スペースもとてもおしゃれ!
f:id:pecopecoooom:20190117150405j:image

士幌町の特産物もたくさん売っていました!見てるだけで楽しい。
f:id:pecopecoooom:20190117150420j:image

無料で温かいお茶も提供していました(*´◡`*)これは嬉しい。
f:id:pecopecoooom:20190117150415j:image

そして、帯広といえば豚丼

有名店の『とん田』へ。こちらも改装というか別の場所に移転していました。
f:id:pecopecoooom:20190117150324j:image

バラのみ肉、米大盛り。1100円。
f:id:pecopecoooom:20190117150319j:image

バラ、ロースミックス。880円。やっぱり美味しい。

f:id:pecopecoooom:20190117150328j:image

帯広といえば洋菓子の『クランベリー』。

スイートポテトではなく、ソフトクリーム140円を頂きました。これも美味しかったです。

 

動いた以上に食べたので結果デブ旅になりましたが、キレイな景色に癒されました(*^o^*)

 

おわり

冬ののんびり登山〜円山

f:id:pecopecoooom:20190112180125j:image

【日程】2019年1月12日(土)
【天気】雪のち晴れ
【コース】円山大師堂登山口〜円山頂上225m〜動物園コース〜円山大師堂登山口


f:id:pecopecoooom:20190112180214j:image

今日は円山へ。そういえば夏には何度も足を運んだことがありましたが、冬には行ったことがなかったなーと思い行ってみることにしました!

地下鉄『円山公園』で下車。3番出口を出て円山公園方面へ向かいます。
f:id:pecopecoooom:20190112165753j:image

5分ほどで円山公園に到着。北海道神宮へ行く人で公園は人がいっぱい。
f:id:pecopecoooom:20190112180241j:image

円山公園から左へ抜け、道路を渡ると登山口が見えてきます。

夏と同じく『円山大師堂』からスタートです!誰もいない!笑
f:id:pecopecoooom:20190112180057j:image
f:id:pecopecoooom:20190112180146j:image

蛇の石像。毛布が掛けられていました。笑
f:id:pecopecoooom:20190112180228j:image

この奥に『円山八十八箇所』と呼ばれる登山道があります。
f:id:pecopecoooom:20190112175943j:image

仏像がずらり。
f:id:pecopecoooom:20190112180911j:image

この牢屋のような中にも石像がずらり。

ここは四国の八十八箇所にならって八十八体の石像が置いてあるそうです。
f:id:pecopecoooom:20190112174433j:image

円山頂上までは約1kmと短い距離で登山が楽しめるので初めての冬山に挑戦するにはぴったりかと思います。
f:id:pecopecoooom:20190112180232j:image

ここでチェーンスパイクを装着。靴はSORELのスノーブーツです。

靴は長靴とかでも登れると思いますが、やはり足下は冷たくなるので保温材入りの靴の方が冬場は良いかなと思います。

チェーンスパイクもなくても大丈夫ですが、下りの時には特にあった方が滑るストレスがなく歩けるのでオススメです。

ストックはスノーシューの時は持ってきますが、今日は持ってきませんでした。
f:id:pecopecoooom:20190112180205j:image

最初からすぐ結構な傾斜になります。
f:id:pecopecoooom:20190112175846j:image

服を着せられているお地蔵さん。
f:id:pecopecoooom:20190112175857j:image

このように登山道の脇には仏像が並びます。
f:id:pecopecoooom:20190112175931j:image

すぐに小さめの鳥居が。
f:id:pecopecoooom:20190112180219j:image

先に進みます。土曜日なので混み合っているのかなと思いましたが登山口に1人いただけで、他に人はいません。静かな山歩きを楽しめそうです。
f:id:pecopecoooom:20190112175925j:image

木箱が。今日は何もいませんでした。
f:id:pecopecoooom:20190112175851j:image

登山道は夏道と同じで、はっきりと道がついています。
f:id:pecopecoooom:20190112175842j:image

木には所々このような案内板もついています。この木は『イタヤカエデ』というそう。
f:id:pecopecoooom:20190112180257j:image

こっちにも。『キタコブシ』とあります。
f:id:pecopecoooom:20190112165734j:image

ひたすら登ります。
f:id:pecopecoooom:20190112175935j:image

動物の家かな?
f:id:pecopecoooom:20190112180157j:image

冬山でよく見るドライフラワーのようになって落ちているヤマアジサイ
f:id:pecopecoooom:20190112180209j:image

円山は標高225mと低山ながら、登山道は結構傾斜がきつい。
f:id:pecopecoooom:20190112175658j:image

道は踏み固められています。凍ってる感じではないのであまり滑ったりはしませんがこれは日によるかな?今日は朝から雪も降ったり止んだり、歩いている最中も雪が降っていたのでこんな道でした。
f:id:pecopecoooom:20190112180142j:image

このように仏像には番号が振ってあります。
f:id:pecopecoooom:20190112180905j:image

途中道が二股になっているのですが、左側へ進むと展望が良く、私はいつもこちらの道へ進みます。道はすぐに合流します。
f:id:pecopecoooom:20190112180919j:image

札幌の街が見えてきました!
f:id:pecopecoooom:20190112175636j:image

頭の赤いキツツキの姿を見たのですが、すぐに飛んで行ってしまい写真に撮ることはできませんでした。キツツキの木を突く音がずっと鳴り響いており、ここには鳥もたくさんいたのでしばらくここでバードウォッチングです。
f:id:pecopecoooom:20190112180901j:image

ゴジュウカラたくさんいました。笑
f:id:pecopecoooom:20190112175917j:image

よく見ると3匹の鳥がいます。コガラとウソというらしいです。
f:id:pecopecoooom:20190112175631j:image

これもキツツキの一種ですかね?先程見たキツツキよりも小さめでしたが、背中のシマシマがキツツキっぽい。

※あとで調べたらコゲラというらしいです。
f:id:pecopecoooom:20190112175953j:image

鳥たちは飛ぶのが早く中々近くまで来てもすぐ飛んで行ってしまうので全然写真に撮れませんでした。

さっきまで降っていた雪も止み、青空も出てきたので先に進みます。
f:id:pecopecoooom:20190112180131j:image

ヤマガラ?これも丸くて可愛い!!今年は真っ白なシマエナガをぜひこの目でみて見たいのですが、この日は見ることができませんでした。円山にもいるそうなのですが。
f:id:pecopecoooom:20190112165739j:image

札幌の中心街からめちゃくちゃ近いのにこの静寂。気軽に自然を楽しめて良いところですね。
f:id:pecopecoooom:20190112180137j:image

展望も良くなってきました。
f:id:pecopecoooom:20190112175905j:image

すごいカールを巻いている木。
f:id:pecopecoooom:20190112175627j:image

仏像はまだ続きます。ここから一旦下ります。
f:id:pecopecoooom:20190112175649j:image

結構ゆっくり歩いてきましたが、まだ頂上までは3分の1程ありますね。
f:id:pecopecoooom:20190112180153j:image
f:id:pecopecoooom:20190112175645j:image

登山道に突如現れるこれは夏にもあるのですが、微妙に飾りが変わっているような。何の意味があるんでしょう?
f:id:pecopecoooom:20190112174508j:image

動物園の方の道との合流地点に到着。
f:id:pecopecoooom:20190112165746j:image

ここまで来たら山頂はもうすぐ側です!
f:id:pecopecoooom:20190112175623j:image

あれ?人がいる!
f:id:pecopecoooom:20190112180029j:image山頂手前には『山神』が。
f:id:pecopecoooom:20190112174527j:image

丸山頂上225mに到着です!
f:id:pecopecoooom:20190112165729j:image

いい眺め!!気持ちいいです!
f:id:pecopecoooom:20190112174520j:image
f:id:pecopecoooom:20190112180016j:image

ここで家から持って来たお茶とチョコパンで休憩。登山をしていてかなり好きな時間です。

やっぱり山はいいなぁ〜。
f:id:pecopecoooom:20190112175947j:image

ちょうど頂上に着いた時に晴れてくれたので少しのんびりできました。

先客の方々は早々にいなくなり、頂上は私1人に。貸切です!
f:id:pecopecoooom:20190112180245j:image

のんびり休んだら下山します。
f:id:pecopecoooom:20190112180251j:image

帰りは小走りで。
f:id:pecopecoooom:20190112175711j:image

さっきはこの右の道から登って来ましたが、帰りはまっすぐ進んで動物園の方へ。

行きと帰りで違う道が選べるのも円山のいい所です。
f:id:pecopecoooom:20190112180008j:image

静かだなー。
f:id:pecopecoooom:20190112175614j:image

こちらのコースも道はハッキリとついています。

自分が初めて冬の山にも行きたい!と思った時、でも道はどうなっているんだろうとそこが心配でしたが、円山や藻岩山は距離も短く、いつでもこんな感じで道がついているので初めて冬山の感じを掴むのには行きやすいと思います。
f:id:pecopecoooom:20190112180102j:image

動物園の所まで下りて来ました。途中で外人さんとスレ違った以外は誰にも会いませんでした。
f:id:pecopecoooom:20190112180119j:image

こっちのコースは山頂から1.7kmと行きよりも少し長めですね。
f:id:pecopecoooom:20190112175706j:image

このフェンス沿いに歩いて行きます。
f:id:pecopecoooom:20190112174533j:image

動物の足跡。
f:id:pecopecoooom:20190112180021j:image

1箇所傾斜のきつい所があります。ロープが張ってありましたが、スパイクがあれば普通に歩けます。
f:id:pecopecoooom:20190112180108j:image

雪で覆われてモコモコになった橋。
f:id:pecopecoooom:20190112174514j:image

ここまで来ればほぼ到着。
f:id:pecopecoooom:20190112175912j:image

立派ですねぇ。
f:id:pecopecoooom:20190112180003j:image
f:id:pecopecoooom:20190112180047j:image

桂の木と書いてありましたが、円山のシンボルなのだそうです。

夏だとここにリスがいました。
f:id:pecopecoooom:20190112175717j:image

大師堂が見えてきました!

この左側にはデッキというか、木道が敷かれているのですが、北海道神宮のお参りの帰りにでも寄ったのかな?という感じの人が結構いました。
f:id:pecopecoooom:20190112180223j:image

大師堂の裏側に出ます。
f:id:pecopecoooom:20190112180114j:image

ゴール!!気軽に来れてゆっくりできてとても良かったです!

 

初めての冬山にぜひ!オススメです!

 

おわり

 

 

爆風の羅臼岳

f:id:pecopecoooom:20180926150516j:image

【日程】2018年9月19日(水)

【天気】曇り時々雨

【コース】岩尾別羅臼岳登山口〜羅臼岳頂上1660m〜ピストン日帰り

【エリア】知床

f:id:pecopecoooom:20180923130428j:image

羅臼岳の登山口は硫黄岳からの縦走路を含めると3コースあります。

一番一般的な岩尾別温泉の登山口からスタートです!車は『地の涯』という温泉の駐車場の端っこの方に停めることができます。
f:id:pecopecoooom:20180923130420j:image

駐車場にはバイオトイレもあります。
f:id:pecopecoooom:20180923130408j:image

温泉施設の右側を通り抜けて…
f:id:pecopecoooom:20180923130424j:image
f:id:pecopecoooom:20180923130412j:image

木下小屋です。
f:id:pecopecoooom:20180923130403j:image

ここでクマスプレーを1日1000円でレンタルしているようです。

私たちは自分のを持っていたのでレンタルはしませんでしたが、アラスカに行って以来、北海道の山を登る時はクマスプレーを携帯した方がいいなと思いました。
f:id:pecopecoooom:20180923130406j:image
f:id:pecopecoooom:20180923130359j:image

木下小屋の前に登山届ポストがあります。この時点で既に7パーティーの方が入っていました。百名山だから道外からの方も多そうですね。
f:id:pecopecoooom:20180923130431j:image

知床と言えば、熊の住処。直近の熊の目撃情報も確認できます。

f:id:pecopecoooom:20180923212515j:image

山の神さま?
f:id:pecopecoooom:20180923212647j:image

6:25 スタート!!
f:id:pecopecoooom:20180923212529j:image

既に森。
f:id:pecopecoooom:20180923212604j:image

葛折りに登って行きます。
f:id:pecopecoooom:20180923212846j:image

このキノコは少し触れるだけで、先端の穴から粉のようなものを噴射するというなんともおもしろいキノコです。
f:id:pecopecoooom:20180923212918j:image

登山道は土の地面でとても歩きやすいです。朝雨が降っていたので、所々ぬかるんでいました。
f:id:pecopecoooom:20180923212931j:image

時々傾斜がキツイ所も。
f:id:pecopecoooom:20180923212907j:image
f:id:pecopecoooom:20180923212653j:image

7:15 『オホーツク展望』に到着。
f:id:pecopecoooom:20180923212945j:image

展望はほぼナシ。笑
f:id:pecopecoooom:20180923212828j:image
f:id:pecopecoooom:20180923212625j:image

『オホーツク展望』から少し登った所の方が展望が良かったです。笑
f:id:pecopecoooom:20180923213529j:image

7:45 『650m岩峰』。特に何もナシ。
f:id:pecopecoooom:20180923212615j:image

ナナカマドがなっていました。
f:id:pecopecoooom:20180923212637j:image
f:id:pecopecoooom:20180923214614j:image

8:10 『弥三吉水』という水場に到着。ここで飲み水を調達。

つい1週間前にここにクマが出たようです。
f:id:pecopecoooom:20180923212805j:image

奥のパイプから水が流れています。山と高原地図では要煮沸となっていたので浄水器を使いました。
f:id:pecopecoooom:20180923212434j:image

そしてここにはテントがずらり。おそらく登山道を整備してくれている方々のものでしょうか。
f:id:pecopecoooom:20180923212820j:image

先に進ます。ここから登山道上に張り出している木が増え、下ばかり見て歩いていると頭をぶつけるので要注意です。笑。みんな頭をぶつけました。笑
f:id:pecopecoooom:20180923212855j:image

またキノコが。キノコは雨が降ると1日でも育つそうですよ!すごい!
f:id:pecopecoooom:20180923213754j:image

登山道の所々にこのような土嚢や大きめの岩がまとまって置いてありました。この山は登山道整備中らしく、登っている最中も何人か作業をしている方とお会いしました。
f:id:pecopecoooom:20180923212750j:image

『極楽平』という所。確かにこの辺りは平坦な道が続きましたが、極楽感はありませんでした。笑
f:id:pecopecoooom:20180923212952j:image

このようにとても整備されています。
f:id:pecopecoooom:20180923213723j:image

『仙人坂』極楽平からこの辺りまでが傾斜がキツめの所が続くので少しだけ大変なのかもしれません。
f:id:pecopecoooom:20180923212833j:image

オホーツク海!!キレイ!!
f:id:pecopecoooom:20180923214607j:image

9:15 『銀冷水』という水場に到着。
f:id:pecopecoooom:20180923214620j:image

水はここから汲みます。ここも要煮沸。
f:id:pecopecoooom:20180923212446j:image

ここにはあらかじめ携帯トイレを持参していないと、利用はできませんが携帯トイレブースがあります。
f:id:pecopecoooom:20180924084141j:image

水場から10分程進むと『大沢入口』に到着。
f:id:pecopecoooom:20180924084159j:image

ようやく樹林帯を抜けて開放感がありますが、この辺りから雲も中に入ってしまい、ガスガスに。気温もグッと下がり肌寒くなります。

羅臼岳は3年前にも1度登ったことがあったのですが、その時はこの大沢には雪が積もっており、雪渓歩きでした。時期も9月だったのに全然違いますね。
f:id:pecopecoooom:20180924084251j:image

大きな岩をよじ登っていく所も何箇所か出てきます。
f:id:pecopecoooom:20180924084254j:image

大沢を抜けると平坦なハイマツ帯に。いかにもクマが好きそうな所。
f:id:pecopecoooom:20180924084155j:image

10:10『羅臼平』に到着。

硫黄岳への縦走路分岐も確かこの辺りでした。
f:id:pecopecoooom:20180924084128j:image

ここにはテント場があり、かなり広めなので10張りくらいは張れそうです。もっと張れるかな?
f:id:pecopecoooom:20180924084230j:image

そして、アラスカではおなじみの『フードロッカー』です。ヒグマの住処にテントを建てる訳なので、食料はこのフードロッカーで保管します。
f:id:pecopecoooom:20180924084240j:image

ここから山頂を目指します!この山はここまでは割と初心者向けの印象なのですが、ここから先が一気に厳しくなる、上と下で全然印象の違う山です。
f:id:pecopecoooom:20180924084233j:image

上の方にはハイマツの実がなっていました。既に食べられたものもあったのですが、詳しいことはわかりませんが、クマは今の時期だと山の上よりかは、海の方で鮭を獲っているんですかね。
f:id:pecopecoooom:20180924084215j:image

10:35 『岩清水』に到着。ここは一応水場となっているのですが、涸れてしまったのか、いつもこうなのかはわかりませんが、水は苔を伝ってくる雫のみでした。笑
f:id:pecopecoooom:20180924084131j:image

でもポタポタを苔を伝って落ちてくる雫はとてもキレイです。
f:id:pecopecoooom:20180924084245j:image

手を使って登っていく所も増えていきます。
f:id:pecopecoooom:20180924084145j:image

秋らしい紅葉。チングルマもまだ残っていました!
f:id:pecopecoooom:20180924084121j:image

キレイですねー。
f:id:pecopecoooom:20180924084237j:image
f:id:pecopecoooom:20180924084151j:image

頂上直下は巨大な岩だらけ。正直この辺は危ないなーと思いました。

頂上は本当にあと少し!
f:id:pecopecoooom:20180924084205j:image

11:10 羅臼岳 1661mに到着!!爆風!!!!笑

f:id:pecopecoooom:20180924085224j:image

頂上は立っているのもやっとなくらいの爆風だったのですが、少しでも頂上からの景色を見たいと、ちょっと下がった所で晴れ間待ちすることに。
f:id:pecopecoooom:20180924085226j:image

ただ待ってるのもアレなのでとこんな爆風の中でコーヒーを入れ出す同僚。笑
f:id:pecopecoooom:20180924085229j:image

風に飛ばされて、雲の切れ間から展望が見えた時には、他の登山者の方もみんな声を上げて興奮していました!一瞬見えた景色は本当に素晴らしく、また晴れた時に見てみたい!と思いました。
f:id:pecopecoooom:20180924085233j:image

雲は晴れたりかかったり。

f:id:pecopecoooom:20180924084520j:image

頂上に乗っかっている巨大な岩。あれがいつか落っこちてこないか心配です。笑
f:id:pecopecoooom:20180924084458j:image

頂上付近のゴロゴロ。
f:id:pecopecoooom:20180924084528j:image

12:30 下山開始。上りの時には見えなかった景色が!
f:id:pecopecoooom:20180924084534j:image

ここは晴れていたら本当にキレイそうですね!
f:id:pecopecoooom:20180924084540j:image

ヤバーイ景色!!!
f:id:pecopecoooom:20180924084513j:image

ハイマツ帯に降りた頃には雨が降り始め、時々当たると痛いくらいの大粒の雨に。
f:id:pecopecoooom:20180924084544j:image

ここも登りの時にはガスガスだった大沢です。
f:id:pecopecoooom:20180924084516j:image

上り方面。こんな景色だったとは!3年前に来た時も雨だったので、こんな景色だったんだと感動。
f:id:pecopecoooom:20180924084507j:image

だいぶ降りてきた所。
f:id:pecopecoooom:20180924084549j:image

15:30 登山口に到着。久しぶりの日本の山で膝が痛くなってしまいました。笑

帰りに登山口にある『ホテル地の涯』の日帰り温泉おとな1人800円(通常は1200円らしいですが、現在はリニューアルオープン価格でした)に行きました!

私は入りませんでしたが、ここは露店風呂が混浴です。(浴衣の無料貸出有り)

 

おわり

カナダ〜アラスカ旅211日目 帰国

2018年9月11日(火)晴れ?

f:id:pecopecoooom:20181204185132j:image

14:00 成田国際空港に無事到着。

日本だー。7ヶ月ぶりですが、あまり久しぶりーという感じはせず…。やはり日本人だからこっちの方が馴染みあるのかな。
f:id:pecopecoooom:20181204185136j:image

ここから更に私達の住む北海道へ帰らなくてはならないので、一旦荷物を受け取り、今度は行きでもお世話になったANAへ。
f:id:pecopecoooom:20181204185141j:image

あーよかった。ロスで一旦受け取らなかったからロストしてるかと思ったけど、無事に出てきました。

でもこのリュックはどうやら開けられたよう。

パッキングがめちゃくちゃになっていました。

ANAで海外から乗り継いできた旨を伝えると、荷物の超過料金は無料にしてくれました。行きの時もそうだったけど、結局航空券を国際線と国内線でバラバラにとったとしても国際線乗り継ぎであれば超過料金はかからないんですね。
f:id:pecopecoooom:20181204185128j:image

成田ではコンビニに行ってアイスとおにぎりを買いました。笑

やっぱり米がおいしいです。アラスカではコンビニを見付けるのも大変だったので、日本ってやっぱり便利だなぁと感じました。

17:55発の成田→新千歳で無事、北海道へ帰還!成田からの飛行機は爆睡であっという間に北海道へ到着していました。計3回の乗換え、長時間の移動は本当に疲れましたー。でも飛行機も空港も好きなので楽しかった!

 

この7ヶ月のテント生活、車中泊バックカントリー三昧ですっかり人間らしい生活から遠ざかってしまい、顔の日焼けはひどいし、髪もボサボサ。とにかく湯船に浸かりたいです。

まず日本で生活できるように見た目のメンテナンスが必要ですね。笑

 

帰ってきた日は旅を振り返る暇もなく、睡魔に襲われて爆睡してしまいました。おそらく、思っている以上に体は疲れているんでしょうね。

 

旅のお金のことやモロモロの振り返りはまたこれから追々やっていきたいと思います。

 

とりあえず旅ブログは一旦終了です( ^ω^ )今までのブログの修正や加筆は行っていきますが、また来年アラスカへ行けるよう準備期間に入ります。

また札幌近郊の登山情報は引き続き掲載していきますので、宜しくお願い致します。

 

読んで頂きありがとうございました(^ ^)