山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

旭岳〜ぐるり1周

f:id:pecopecoooom:20190109230316j:image

【日程】2015年9月9日(日)
【天気】くもり
【コース】旭岳登山口(旭岳温泉コース)〜姿見の池〜旭岳2290m〜間宮岳2185m 〜中岳分岐〜中岳2113m〜北鎮分岐〜北鎮岳2244m〜中岳2113m〜中岳分岐〜中岳温泉〜裾合平〜旭岳登山口

【歩行距離】約21km

f:id:pecopecoooom:20190123230630p:image

f:id:pecopecoooom:20190123231050p:image

 

 

f:id:pecopecoooom:20190108234332j:image

今日はロープウェイを使わず、下から上がります。旭岳ロープウェイの横に登山道があり、そこからスタート!

f:id:pecopecoooom:20190108234344j:image

 三合目。この旭岳温泉の登山口から登るのは初めてですが、木に囲まれた特別見所のない登山道を黙々と登ります。

f:id:pecopecoooom:20180301080404j:image

今日は旭岳から北鎮〜中岳温泉〜裾合平をぐるりと一周の予定です。結構距離は長そうなので、スピードハイクです。

f:id:pecopecoooom:20190108235256j:image

紅葉!!
f:id:pecopecoooom:20190108235302j:image

ロープウェイ降り場のある姿見の池までは『山と高原地図』によると約2時間50分となっています。

 

f:id:pecopecoooom:20190108235223j:image

と思ったら、ほぼ休憩なしに黙々黙々と登ってきたのでなんとか1時間ちょっとで姿見の池まで来れました。笑。

天気はイマイチですが、旭岳はハッキリと頂上まで見えていますね。

f:id:pecopecoooom:20180301080231j:image

観光客の方もここまではロープウェイがあるので多く訪れます。ロープウェイだと15分ほどでここまで来れるので、気軽に高原歩きを楽しめます。

f:id:pecopecoooom:20180301081135j:image

標高約1600m地点にある姿見の池からまず旭岳の頂上2290mを目指します。

姿見駅がもうあんなに遠くに。

f:id:pecopecoooom:20190108235341j:image

姿見の池からの旭岳の登山道はひたすらこんな感じで、岩と石と砂利とが混ざり合う瓦れきの道です。

f:id:pecopecoooom:20180301080913j:image

7合目の標識。旭岳はひたすら登るのみ。

f:id:pecopecoooom:20180301081217j:image

大雪の山々。

f:id:pecopecoooom:20180301080941j:image

黙々…。会社の同僚ですが、とにかく早い。笑

私も一緒に登っているうちにスピードはかなり鍛えられました。山の先生です。

f:id:pecopecoooom:20190108235439j:image

高度も出てきましたよー!曇ってはいますが、旭岳は頭上を覆うものがなく、ずっと見晴らしの良い景色を見ながら歩けるので気分が良いです。

f:id:pecopecoooom:20190108235525j:image

f:id:pecopecoooom:20190110184502j:image

そして、姿見の池から約1時間半で旭岳頂上2290m。北海道で一番高い山です!

ここまではまだまだ元気ですp(^_^)q

f:id:pecopecoooom:20190108235538j:image

頂上からの景色。

f:id:pecopecoooom:20180301081017j:image

さて、今日はここからがメインイベントです。

ここからまず裏旭方面へ下りて、そこから北鎮岳へ向かいます。

f:id:pecopecoooom:20180301183933j:image

裏旭方面への下りは結構な斜度があり、転げ落ちていきそうなほど急です!

f:id:pecopecoooom:20180301183953j:image

この斜面を走って一気に下ります。砂利がかなり滑ります。

f:id:pecopecoooom:20180301184623j:image

裏旭キャンプ指定地を横切ります。テントが1張ありました。あとで知りましたが、このテントが後に一緒にアラスカまで行くことになる相方さんのものだったとは…。笑

 f:id:pecopecoooom:20180301184411j:image

白い砂と石のジャリジャリの道。

f:id:pecopecoooom:20190109001247j:image

不思議な景色でした。

f:id:pecopecoooom:20180301184913j:image

ここを登りきれば、お鉢に出られます。

f:id:pecopecoooom:20190109001241j:image

間宮岳分岐。右に行けば北海岳。

f:id:pecopecoooom:20180301185349j:image

お鉢が見えました!広い!

約50万年前にここには古中央火山という富士山のような火山があり、大爆発をした後にカルデラになったそう。その後も、火山活動を繰り返し今の形になったそうです。

f:id:pecopecoooom:20190111001402j:image

間宮岳 2185mに到着。

間宮岳は一応標識はあるのですが、平坦なところにポンとあって、山頂感は全くありません。笑

f:id:pecopecoooom:20190109000027j:image

間宮岳からの景色。

f:id:pecopecoooom:20190109000126j:image

先に進みます。

柵もしてあって、登山道もかなりハッキリとついています。

f:id:pecopecoooom:20190111013558j:image

中岳分岐。ここからまっすぐ行けば北鎮。曲がれば中岳温泉です。

とりあえず北鎮岳に寄ってから中岳温泉へ向かいます。 

中岳にも標識はあるのですが、撮るのを忘れてしまいました。

f:id:pecopecoooom:20190109000210j:image

熊はいないかな?以前来た時にはこの辺りで熊を見たような。

f:id:pecopecoooom:20190109000409j:image

お鉢平。

f:id:pecopecoooom:20180302074331j:image

こんな岩の中にも真っ赤に咲く花??草?

f:id:pecopecoooom:20180302074356j:image

ウラシマツツジです。まさに見頃!

f:id:pecopecoooom:20190109000450j:image

うっすらと道はついていますが、ガスっていたら迷いやすそうでした。

f:id:pecopecoooom:20180302074421j:image

海外にありそうな岩。

風で少しずつ削られてこんな形になるんだっけな?

f:id:pecopecoooom:20190111014614j:image

北鎮の頂上まであと少しという所で急にお腹が空いて休憩。笑。まるでトドのような私。笑

これがシャリバテってやつですね。

f:id:pecopecoooom:20190110235320j:image

そして、おにぎりを食べスタミナを回復。笑

北海道第2位の高さを誇る北鎮岳2244m到着!

f:id:pecopecoooom:20190111013846j:image

北鎮岳の頂上にはベンチがありました。

頂上には2,3人、先客がいました。

こっちから更に進むと比布岳や永山岳に繋がるんですねー!以前は比布岳の方からこの北鎮岳を眺めていたので、やっと山の位置関係が把握できました。

f:id:pecopecoooom:20180302074457j:image

そして!北鎮岳から下りて、中岳方面へ戻ろうとした所、大雪山のど真ん中で偶然会社の同期と会う。笑。ここから3人に。

f:id:pecopecoooom:20190109000708j:image

岳温泉です!天然の源泉温泉です!

硫黄の匂いがすごい!

f:id:pecopecoooom:20180302074556j:image

温度は結構熱め。

f:id:pecopecoooom:20190109001252j:image

体が浸かるほどの深さはないのでみんな足だけ浸かっていました。まぁ囲いも何もないので、夜でもない限り全部入るのは難しいですね。笑。

疲れた足がポカポカ、すっきりに!

f:id:pecopecoooom:20190111154945j:image

同期は黒岳から上がって来たため、ここでお別れ。すごい偶然もあるもんだなぁ。

 f:id:pecopecoooom:20180302074624j:image

岳温泉から裾合平へ向かいます。

ここは緑が多くて本当に楽園のような所でした!

f:id:pecopecoooom:20180304064626j:image

一面に広がるチングルマの紅葉!

f:id:pecopecoooom:20190109002036j:image

途中から木道も現れます。あまり整備がされておらず、ガタガタしてる所も多かったです。

そして先月羅臼岳に行った時に痛めてしまった左足の踝がどうにも痛くなり、途中からびっこをひきながら歩くハメに。

f:id:pecopecoooom:20180304064700j:image

はぁー。結構歩いてきたなぁ。

f:id:pecopecoooom:20180304064747j:image

小川が流れていたり。

f:id:pecopecoooom:20190109001155j:image

ここは本当に良い。また来たい道です。

f:id:pecopecoooom:20190109001234j:image

夫婦池の所までやって来ました。

あと少しでロープウェイの姿見駅です。

今日の山行もあとは登山口まで下るだけ!

もうひと頑張りです!

f:id:pecopecoooom:20190111203236j:image

足が痛いよー。

ここからは登りと同じく、特別見所のない登山道を下り、トータル10時間くらいかかりましたが、無事、旭岳登山口へ下りることができました。

なかなか歩き応えのあるコースで、達成感しかありません。笑

 

迫力あるお鉢や、中岳温泉という天然温泉、旭岳、間宮岳、中岳、北鎮岳と4つのピークも踏めて見所たくさんの面白いコースだったと思います(●´ω`)ノ

 

おわり