山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ旅90日目 キャンプ場生活再び

2018年5月14日(月)のち晴れ

 

今日からDawson Cityへ向かい移動です。

WhitehorseからDawson Cityまでは約500km程なので1日で行ける距離なのですが、せっかくキャンプ場もオープンしだしたので、キャンプ場に泊まりながらゆっくり北上することにしました。

f:id:pecopecoooom:20180531094153j:image

今日はWhitehorseからほんの30分程の所にある『Wolf Creek』というキャンプ場へ。

ユーコン準州で管理しているキャンプ場は一律で1泊$12です。

テーブルとイス、焚き火台、薪が料金に含まれていて、水もキャンプ場によっては供給されています。

f:id:pecopecoooom:20180531094513j:image

こんなに町から近いのに森の中でいいキャンプ場!

 ユーコンのキャンプ場は11日からオープンとなる所が多く、(11日と18日オープンの所があります)今まで泊まっていたTakhini Riverのキャンプ場は通年オープンだったけれど、周りのキャンプ場がオープンしていないから、なんとなくまだお金を払わなくていい雰囲気があったんですが、さすがにオープンした後はみんな一斉にキャンプ料金を払っているようでした。

f:id:pecopecoooom:20180601033415j:image

自己申請式なので、この封筒一体型の申請用紙に必要事項を記入して、中に現金$12をいれます。

f:id:pecopecoooom:20180601065020j:plain

 

お金はポストにいれ、自分の泊まるサイト番号の所に半券をはさめば完了です。 

f:id:pecopecoooom:20180601045139j:plain

 ここのキャンプ場には熊対策用のフードロッカーが設置されてました。

こんなに人が多いのに熊が来るのかな?(*_*)

f:id:pecopecoooom:20180601060124j:plain

薪もちゃんと補充されてます。

奧の建物はクッキングシェルターです。中にテーブルと椅子のセット、薪ストーブのようなものが設置してありました。

f:id:pecopecoooom:20180601045344j:plain

 ここのキャンプ場は水もありました!

昔ながらのポンプ式。1分間の煮沸が必須と書かれていました。

水も透明ではなく少し茶色に濁っていました。笑 

f:id:pecopecoooom:20180601061122j:plain

 今日は日本式にブルーシートをひいてお花見スタイルにしてみたらしいです。笑

f:id:pecopecoooom:20180601043742j:plain

ゴハンは割箸欲しさに無理やり買ってきたお寿司と、うどんで和食。笑

やっぱりこっちに割り箸は売っていませんでした。バンクーバーには売ってたのですが。

 

まだまだ日没まで時間があるので、辺りを散策することにしました。

 

f:id:pecopecoooom:20180601052910j:plain

 

ちょうどウォーキングトレイルが。3kmなら、ぱっと行けそう。

カメラを持って行ってみることにしました。

f:id:pecopecoooom:20180601051722j:plain

遊歩道といった感じで歩きやすい道です。

f:id:pecopecoooom:20180601064045j:plain

 

f:id:pecopecoooom:20180601053940j:plain

ユーコン川です。ちょうどカヌーで川を下っている人たちがいました。

 

f:id:pecopecoooom:20180601055047j:plain

 

f:id:pecopecoooom:20180601061846j:plain

 

川沿いに咲いてた紫の花がキレイでした。

なんていう花だろう。

f:id:pecopecoooom:20180601062935j:plain

 THE ユーコン川。な景色。笑

ユーコン川はキレイな川というものからはほど遠く、茶色く濁った川です。

カヌーが好きな人ならば人生で一度は下りたい川なんでしょうね。ユーコン川を2〜3週間とかかけてキャンプをしながら、釣りをしながらカヌーで下るとか、ロマンだなぁと思っていましたが、実際に見てみると大自然って感じでもなく、普通にキャンプ場や民家が川沿いにあったりして、あぁこんな感じなのか。という印象でした。

 

f:id:pecopecoooom:20180601065616j:plain

 

f:id:pecopecoooom:20180601070512j:plain

2時間程歩いてどうやら一周してきたらしく、トレイルのスタート地点に無事に戻ってきました。

少し小腹が空きましたが、就寝です。

 

つづく…