山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ旅109日目 救出

2018年6月2日(土)晴れのち曇り

f:id:pecopecoooom:20180608073834j:image

朝5:10 レッカー車が来ました!!
本当に電話してくれたんだ!!

f:id:pecopecoooom:20180608073919j:image

このおじさん、やはりDawson から来たそうで、1時に電話があり、準備をして急いで来てくれたみたいです。
そしてここから4時間の牽引…。300km(実際は280kmくらいかも知れませんが)牽引なんて日本じゃ考えられない(O_O)
BCAAという所のロードサービスを一番高いコースで入っていたので320kmまでは牽引無料でした。
入っていなかったら、15万はかかってたそうです(O_O)ロードサービス入っててよかった。カナダでは牽引は1km=約$1だそうです。ちなみにBCAAの一番高いコースでも月1200円くらいです。
このおじさん、すごくいい人でわからない英語も何回も喋ってくれるし、ジュースをくれたり、朝食をくれたり、Tombstoneの動物の巣の場所とか色々教えてくれました。
あと、今度車を買うならFordとDOGDEは壊れやすいからやめた方がいいと言われました。笑。一番はやはりTOYOTAだそうです。笑。

f:id:pecopecoooom:20180608074045j:image

そして9:00 Dawsonの修理工場『NAPA』に到着。
いつも泊まっているRV PARKの目の前の工場でした。笑

f:id:pecopecoooom:20180608074251j:image

車は預けられ、おじさんはまた後で様子を見に来るからと言って帰って行きました。
あ、名前…。まぁ、途中に家を教えてもらったし、お礼は家にもっていけばいいか(*´ω`*)
土曜だったので、少し混んでおり、受付をするのに1時間程待ち、店内でコーヒーを飲みながら過ごしました。
ようやく受付に入り、車の状態を見るのに時間がかかるからダウンタウンに行って観光してくる?と言われたので、そうすることに。
受付のお姉さんがダウンタウンまで車で送ってくれました。

f:id:pecopecoooom:20180608074330j:image

昼ごはんを食べに、カフェへ。
『Cheechako's Bake Shop』
ここも落ち着いてていい感じ。

f:id:pecopecoooom:20180608074415j:image

チキンクリスピーのサンドイッチとコーヒー。これはとても美味しかったです(*´ω`*)

f:id:pecopecoooom:20180608074508j:image

せっかくなので、博物館へ行ってみることにしました。
『Dawson City Museum』
一人$9。

f:id:pecopecoooom:20180608074532j:image

おお!思ってたより立派な博物館!!
Dawson City は金鉱が発見されたために一時期人が押し寄せ、まさにGOLD LUSHで発展した町。Whitehorseに州都が移る前はこの町がユーコン準州の州都でした。

f:id:pecopecoooom:20180608074627j:image

交易所かな?こっちに来てから暇な時に読んでいた『アラスカ物語』は、丁度、GOLD LUSHの時期の話だったので、なんとなくこんな感じだったんだろうなーと、とても面白く観れました。

f:id:pecopecoooom:20180608074652j:image

アサバスカンインディアン。
あまり、先住民族とかについて考えたことはなかったんですが、カナダは移民が多いらしく、(2006年時点で人口の20%は移民だったらしいので、今はもっと多いのかも)、実際に白人以外にインディアンや、イヌイット、アジア系、インド人など色んな人種が共に暮らしています。いいことなのかはわかりませんが、先住民族の人の中には未だに字の読み書きが出来なかったり、今の社会から取り残されて、仕事が出来ずにホームレスのようになってしまったりするそうです。もちろんちゃんと適応して働いてる人もいますが、そういう人をカナダに来てからよく見るので、こういった問題は日本にいる時には考えもしなかったことだなぁ。と。

f:id:pecopecoooom:20180608074755j:image

f:id:pecopecoooom:20180608074829j:image

Big Strikeとあります。金脈が見つかった場所です。

f:id:pecopecoooom:20180608074913j:image

金脈を見つけた人たちは億万長者になれたんでしょうねー。

f:id:pecopecoooom:20180608074953j:image

当時のものが保管してあります。
ブローチや、歯型、タイプライターや、銃なども!

f:id:pecopecoooom:20180608075011j:image

食器類や、お菓子の缶。

f:id:pecopecoooom:20180608075114j:image

実際に使われていたらしい、裁判所の跡。なぜかここに。

f:id:pecopecoooom:20180608075233j:image

博物館に置いてあったのをもらいました。
ユーコン準州の各地の歴史ポイントや、博物館を巡るパスポートです。

f:id:pecopecoooom:20180608075243j:image

要はスタンプラリーで、行ったらスタンプがもらえます。無料です。

f:id:pecopecoooom:20180608075338j:image

修理工場のお姉さんが電話をしたら迎えに来てくれました。

車の状況は…。

『No』

No??直らないってこと!?
まぁそうだよね。電話をした時点で直るならいくらするけど直す?とか聞いてくるハズなのに、『とりあえず迎えにいく』でしたから。

もう終わった…。

と思っていたら、
『今日は』直せないってことらしいです(゚ω゚)
部品がなくて、近くのWhitehorseのFordにもなくて、バンクーバーからの取り寄せになるので、何日か、かかるとのこと。
壊れた部分はガソリンを送るフューエルポンプという部分だそうで、$500くらいで直るとのこと!
$500高いけど旅が終わると思っていたので、よかったー(´;Д;`)
とりあえず1週間くらいはかかりそうだけど、この車で寝泊まりしていいと言ってくれたので、修理工場の真横に住むことに。笑
ホテル代が浮いて助かった(@_@)笑

f:id:pecopecoooom:20180608075416j:image

さて、この小さな町で1週間、車もなくどうしよう。せっかくトレッキングシーズンも始まったというのに…。
そしてこれは修理工場の前で売りに出しているトレーラー。

f:id:pecopecoooom:20180608075504j:image

かなり大きいですが、200万弱で売ってました!これくらいの大きさのやつって1000万とかすると思ってましたが、意外と安いんですね。だからみんなこれを家代わりにするんですねー。

とりあえず、今日は朝4時からバタバタだったので、疲れ果てて就寝です。

 

つづく…