山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅を終え、日本に帰ってきました!旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ〜アラスカ旅 130〜132日目 北極圏野生動物保護区

2018年6月23日(土)曇り時々

f:id:pecopecoooom:20180729091257j:image

ANWR2日目。天気は回復せず。
f:id:pecopecoooom:20180729091250j:image

飲み水や調理の水は目の前の川から汲みます。
f:id:pecopecoooom:20180729091254j:image

川幅の広い所は雪解け水かなにかでかなり濁っていたので、比較的流れもあって綺麗そうな所から汲みました。もちろん浄水器にかけます。
f:id:pecopecoooom:20180729091246j:image

この日は一日中雨が降ったり止んだりを繰り返し、ほぼテントに缶詰状態でした。

 

2018年6月24日(日)晴れのち

f:id:pecopecoooom:20180729091401j:image

ANWR3日目。今日は快晴!

テントからの眺めも最高です。
f:id:pecopecoooom:20180729091413j:image

少しテントの周りを散策してみることにしました。パイロットの人が言うにはカリブーの群れがくるのはたぶん2週目くらいだろうとのこと。とりあえず今週は辺りを散策してみます。
f:id:pecopecoooom:20180729091352j:image

谷をまっすぐ、南側へ歩いて行きました。あちこちにカリブーの足跡のような踏み跡がついていて、ここは代々移動に使われている道なのかも知れないなぁと思いました。

途中でまた雲がやってきて、雨が降りそうだったのでテントへ戻りました。

ここへ到着した日の夜は寒くて何度も目を覚ましたのですが、この日は割と温かくて快眠できました。

 

2018年6月25日(月)くもりのち晴れ

f:id:pecopecoooom:20180729091550j:image

ANWR4日目。

テントの周りにはいくつもジリスの巣があって、ジリスは絶えず鳴いたり辺りを走り回ったりしています。テントから眺めてるだけでも面白いです。
f:id:pecopecoooom:20180729091546j:image

お昼頃、相方さんが辺りを散策してこようかなーと準備をしながらのんびりしていたら、

本当にいました。

f:id:pecopecoooom:20180730084831j:image

photo by Taiki Nagatomo

グリズリーです。

気づいた時には既にテントから40〜50mの所を歩いていました。あまりに普通に歩いていたので、動物園かと思う程。

グリズリーはあまりこちらのことは分かっていないのか、こちらを見たりしていましたが、そのままテントの横を通っていきました。

少しテントの方に寄ってくるような素振りを見せたので声を出すと、一気に山の方へ逃げて行きました。

本当にいるんだと思ったのと、近い所で30mくらいの所に来たので正直驚きましたが、ちゃんと逃げる熊で良かったなぁ。と思いました。

そしてこの後、更に2頭のグリズリー親子が北側の川の対岸から渡ってくるのが見え、そのまままたテントの横を通り過ぎていこうとしたので、今度は遠くの段階から手を振ったり、声を掛けたりしましたが、熊は鈍感なのか結構近づかないと気付きません。子グマの方はテンションMAXで走ってはしゃいでいましたが、ようやく母グマがこちらに気づき、進路を山の方へ変えて去ってくれました。

立て続けに3頭のグリズリー。自然が保たれているということはこういうことなのだとしみじみ実感しました。そして余計な事故を起こさないためにも、電気柵は必須だなと思いました。

f:id:pecopecoooom:20180729092004j:image

夜はまだまだ長いので、夕方からハイキングへ。
f:id:pecopecoooom:20180729091932j:image

テントの横の丘を少し登った所。
f:id:pecopecoooom:20180729092015j:image

小さいかわいい花が咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20180729091955j:image

色とりどりでキレイです。
f:id:pecopecoooom:20180729091922j:image

どこまでも続く山の景色。
f:id:pecopecoooom:20180729091915j:image

当然登山道はないので、好きな所を歩けるのですが、ここらは比較的歩きやすいです。
f:id:pecopecoooom:20180729091946j:image

沢沿いを登っていきます。
f:id:pecopecoooom:20180729091941j:image

ハイキング日和のいい天気。

さっきのグリズリーはこっちの丘へ上がっていきましたが、どこへ行ったのか。
f:id:pecopecoooom:20180729091906j:image
f:id:pecopecoooom:20180729091847j:image
f:id:pecopecoooom:20180729091852j:image
f:id:pecopecoooom:20180729091950j:image

沢を渡り、少し登ると広い湿地帯に出ました。

ここはワタスゲの密集地帯で靴サイズくらいの小さな島が無数にあり足元がグラグラして歩きにくいです。ワタスゲはほんの一部しか咲いていませんでした。残念。

f:id:pecopecoooom:20180729091827j:image

川を発見。水もキレイそう!
f:id:pecopecoooom:20180729091842j:image

苔の色が鮮やかなこと!
f:id:pecopecoooom:20180729091959j:image

ここで飲み水を補給。これは浄水器一体型のボトル『GRAYL』で、川の水を汲んでそのままフィルターのついた筒を上から通すと、一瞬で浄水の水ができるという代物。少しボトル自体が重いのと、一回に浄水できる量が400mlくらいと少なめなのが難点ですが、簡単に冷たい水が飲めるので水場が多い行程に向いてると思います。
f:id:pecopecoooom:20180729091832j:image

photo by Taiki Nagatomo

テントから3.4km程歩いて奥へ奥へ進んでいくとキレイな谷が。
f:id:pecopecoooom:20180729092008j:image
カリブーは一体どこを通ってくるのかな?など

話しながらここで一休み。

f:id:pecopecoooom:20180730093432j:image

この辺りに動物の骨が落ちてました。

なんの動物だろう。病気で死んで食べられてしまったのか、狩りにあってしまったのか。

動物は弱肉強食で生きるために狩りをしたり、食べられてしまったりするんだと、学科で習って知ってはいたけど、実際に落ちてる骨とかを見るとより実感するといいますか、なんといいますか。動物は本当にこういう世界で生きてるんだなぁと思いました。

f:id:pecopecoooom:20180729092434j:image

帰りは沢に降りて沢沿いを歩いていくことにしました。

f:id:pecopecoooom:20180729092623j:image

photo by Taiki Nagatomo

美しいですねー。
f:id:pecopecoooom:20180729092417j:image
f:id:pecopecoooom:20180729092438j:image

もう時間は22:40。明るすぎてよくわからないです。
f:id:pecopecoooom:20180729092425j:image

テントのある谷が見えてきました!
f:id:pecopecoooom:20180729092457j:image 
f:id:pecopecoooom:20180729092442j:image

陽も夕方っぽい色に。
f:id:pecopecoooom:20180729092447j:image

23:30 テントへ戻ってきました。

電気柵はちゃんと作動しているのか、どうなのか、よくわからないですがとりあえずテントに変わりはなさそうです。
f:id:pecopecoooom:20180729092412j:image

相方さんはまだ撮影すると丘の方へ残り、私は休憩。
f:id:pecopecoooom:20180729092421j:image

白夜のため横移動する太陽。すごい。

横移動といっても多少の上下はするので、この時間帯になると太陽の位置も低めになり陽の光もオレンジっぽくなります。

f:id:pecopecoooom:20180730095809j:image

アクションカムの充電は太陽光を利用した発電パネル『GOAL ZERO』を使います。

陽の光が強い程充電が早く、アクションカムくらいなら短い時間でフル充電も可能です。

f:id:pecopecoooom:20180729092429j:image

0:40 相方さんも帰ってきた所でゴハンを食べて就寝。明日からもカリブーを待ちます。

 

つづく…

 

Taiki Nagatomo

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

https://instagram.com/pecopecoooom/