山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅を終え、日本に帰ってきました!旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ〜アラスカ旅149日目 ついに!

2018年7月12日(木)曇りのち 13℃

f:id:pecopecoooom:20180813133005j:image

ANWR21日目。

10:00起床。今日も雨が朝からパラパラと降っていました。ジリスが「チチッ」と単発で鳴いていましたが、早朝から何度もだったのでジリスセンサー(動物が来た時にジリスが鳴くため勝手にそう呼んでいました)は誤報だと思いあまり気にしていませんでした。

テントから出てトイレへ行き、テントへ戻ろうとした時対岸の陸部分がなんだかいつもと違うような…。

なんといいますか、いつもより黒い点が多いような気がしました。でも遠すぎてよく見えません。

テントへ戻って双眼鏡で確認すると…

f:id:pecopecoooom:20180813133706j:image

カリブーだ!!!

この写真だと遠すぎてわかりませんが、もう既に何百頭のカリブーが対岸を歩いていました!!

相方さんは急いで撮影ポイントまで移動し、私はテントの柵内から様子を伺うことにしました。

f:id:pecopecoooom:20180813134530j:image

そのまま柵内から見張っていると、こちらの岸のほうにもカリブーの大群がやってきました!

ゆっくりと草を食べながら進んでいます。
f:id:pecopecoooom:20180813134617j:image

テントの後ろまでやってきました。
f:id:pecopecoooom:20180813134621j:image
f:id:pecopecoooom:20180813134517j:image

そのままテントを横切っていくカリブーの群れ。
f:id:pecopecoooom:20180813141010j:image
f:id:pecopecoooom:20180813134543j:image

牧場のような光景に。笑
f:id:pecopecoooom:20180813134500j:image

動きは至ってスロー。
f:id:pecopecoooom:20180813134436j:image

私が少しでも動こうものなら、びっくりしてバラけてしまいました。なので、動く時はゆっくりと。刺激しないように。
f:id:pecopecoooom:20180813134521j:image

河原の方にもカリブー!テントの周りを囲まれることに。
f:id:pecopecoooom:20180813134631j:image

そのまま南へ進んで行きます。
f:id:pecopecoooom:20180813134608j:image

対岸にもカリブーの大群がいるのですが、その大群の動きがピタリと止まってしまって一向に進まない…。なんでだ?と思って双眼鏡で確認すると、前方に1匹のオオカミがいました。

そのオオカミのせいで、進むのが難しくなっていたよう。
f:id:pecopecoooom:20180813134539j:image

待望のカリブーの襲来に雨が降っていたけど、テントのフライも閉め忘れてベチャベチャに。笑
f:id:pecopecoooom:20180813134432j:image

12:30 視界からカリブーがいなくなる。

みんな南側へ行ってしまいました。
f:id:pecopecoooom:20180813134511j:image

しーん。
f:id:pecopecoooom:20180813134605j:image

柵から出てカリブーの様子を見てみよう!と思ったのですが、
f:id:pecopecoooom:20180813134627j:image

しばらくウロついていると、第二陣が。f:id:pecopecoooom:20180813134448j:image

やってきました。
f:id:pecopecoooom:20180813134612j:image

川の真ん中を渡っているのもいました。
f:id:pecopecoooom:20180813134554j:image

対岸にも第二陣のカリブーたちが。

しかも、今度はジリスが鳴き出して、何かと思って辺りを見回すと、めちゃくちゃテンション高めのグリズリーが出現。笑

カリブーたちに興奮しているのか、山の裾にそって走ってこちらへ向かってきていました。

全然こちらにも気づかない様子だったので、ストックを振り回してこちらの存在を知らせると、グリズリーは山の斜面を登り、逃げていきました。

その下をカリブーの群れが通り、それをジリスが見ているという、すごい光景だなと眺めていました。それにしてもめちゃくちゃ走っていたので、少し焦りましたね。笑
f:id:pecopecoooom:20180813134506j:image

一部のカリブーたちは丘の上で横になって休憩したりしていました。こんなにゆっくり移動するものだったとは…。笑
f:id:pecopecoooom:20180813134549j:image

こんな感じでカリブーの群れには波があり、第二陣、第三陣…と続いていきます。
f:id:pecopecoooom:20180813134527j:image

カリブーの群れと群れの切れ間をぬって、相方さんの所まで移動しようと移動開始。

でもカリブーは少し歩いては広い場所で寝そべって休んだりしていて、全然進まず。

こちらが動いてる姿を見られると大群で走って逃げてしまうので、動くに動けず…。

f:id:pecopecoooom:20180813135407j:image

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

カリブーの群れは対岸に多くいましたが、なぜか急に私たちのいる岸に大群で移動したりしていました。リーダーみたいな、小隊を引き連れているカリブーがいるのですが、そいつの気まぐれなのか、なんなのか。他のカリブーもグループ分けとかはなくて、ただなんとなく付いていってるような感じでした。
f:id:pecopecoooom:20180813135359j:image

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

f:id:pecopecoooom:20180813140001j:image

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

相方さんが待ち構えていたポイントでは、両方の岸のカリブーが合わさって、ものスゴイ数に!
f:id:pecopecoooom:20180813135957j:image

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

子供も大人に混ざってちゃんと歩いてる!

カリブーを避けながら、相方さんのいる所に到着したのが19:30。

この頃にはカリブーを見過ぎて、だんだん虫のように見えてきました。双眼鏡を覗くのも気持ちが悪くなっていました。笑

この日見たカリブーは何万頭だったのか、こんなに多くのカリブーを見るのは初めてのことだったのでわかりません。

テントに戻ると、ぽつりと1頭のカリブーがいました。足を怪我しているようで、引きずって歩いていました。人間同士なら助けてあげれますが、怪我をしたらこうやって置いていかれてしまうのか、自然は厳しいですね。

f:id:pecopecoooom:20180813142529j:image

Arctic - Taiki Nagatomo Photo Gallery

この後夜中までカリブーの群れの移動は続き、小さい群れが何度か通っていきました。

カリブーはこうやって、移動して住処を良い所、良い所へ変えて生きていくんですね。

まさに旅する動物だと思いました。

帰る二日前にこの目で見ることができて良かった。本当にいい日になりました。

 

つづく…

 

 

https://instagram.com/pecopecoooom/