山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ〜アラスカ旅160日目 デナリバックカントリー5泊6日 2日目

2018年7月23日(月)晴れ

f:id:pecopecoooom:20180827115645j:image

クマの恐怖はどこへやら、久しぶりに大型ザックを持って歩いたため熟睡してかなり遅めに起床です。朝昼兼用ご飯はシリアルとパンでした。テントに食べ物の匂いがつかないよう100ヤード(約91m)離れた位置で食事です。
f:id:pecopecoooom:20180827115724j:image

14:40 移動開始です。

今回は今いるユニット39に3泊、その後ユニット32に移動して2泊の予定です。全部で23kmくらいのコースなので、ガイド本には3日の行程で載っていましたが、私たちはかなりスローペースな上、スタミナもないのでかなり余裕をもって6日で回るようにしました。
f:id:pecopecoooom:20180827115505j:image

道はこんな感じ。これはまだ木が薄いので進めますが、あちこち引っかかるのでやっぱり体力消耗。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115553j:image

今日も相変わらずのブッシュ地帯を進んで行きます。

今日は眺めのいい所にテントを張りたいなぁ
f:id:pecopecoooom:20180827115537j:image

ブッシュを避けながら、なるべく歩きやすい所を歩きますが、地図の縮尺が63360:1のため地図に載っていない沢があったりして、結局は目視による確認方法になってしまいます。

行けると思って行ったのに、藪が濃すぎて迂回することもしょっ中です。
f:id:pecopecoooom:20180827115718j:image

相変わらず川は何度も渡らなければ先へは進めません。
f:id:pecopecoooom:20180827115522j:image

この日もどうせ靴は昨日びしょびしょになってしまったしと、躊躇なく突入。
f:id:pecopecoooom:20180827115705j:image

この地帯はほとんどがこんな道のイメージです。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115629j:image

藪に突入。
f:id:pecopecoooom:20180827115713j:image

デナリのBookstore(売店)で購入したデナリボトルに日本から持ってきたスポーツドリンク(粉)を入れたらすごく派手になりました。
f:id:pecopecoooom:20180827115709j:image

景色はこんなにキレイなのに。もう少し歩きやすければなぁ。
f:id:pecopecoooom:20180827115604j:image
f:id:pecopecoooom:20180827115654j:image
基本沢沿いを歩いて行ったのですが、藪があまりに濃くなってくると進めないので上に上がって確認します。

ここは河原がたまに出てきたりそうでなかったりと、川を進んでいくのは難しそう。
f:id:pecopecoooom:20180827115700j:image
写真には撮れませんでしたが、ここにカリブーがいました。
f:id:pecopecoooom:20180827115728j:image

この一帯に生えてるブッシュですが、よくカリブーが食べているものです。
f:id:pecopecoooom:20180827115558j:image

かなり疲れてきましたが、景色は絶景です!

相方さんのザックが老朽化により新しいものに変わったのですが、彼が使っているのはGREGORYのDENALI100というものです。さすがGREGORY、快適さが違うそうです。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115611j:image
f:id:pecopecoooom:20180827115748j:image

これは靴を濡らさず渡れるパターン。
f:id:pecopecoooom:20180827115541j:image

水は結構勢いがありますが、渡れない程の所はあまりありませんでした。
f:id:pecopecoooom:20180827115649j:image

今回新しく浄水器を購入しました。

MSRのもので『HyperFlow Microfilter』という、トレッキング向けにわずか209gと、とても軽く、ポンプ式なので浄水スピードも1分3リットルととても速いです。
f:id:pecopecoooom:20180827115636j:image

さっきからずっと見えている山ですが、全然近づきません。
f:id:pecopecoooom:20180827115620j:image

足元は常にこれくらいの沈み具合で、まぁ進みが遅いです。

この木も足に絡まってくるので、余計に足をあげて歩かなければならずきっと外人より足の短い日本人は大変なんだと思います。
f:id:pecopecoooom:20180827115624j:image
それにしても、人に全く会いません。

このユニットは人気がないのか、マニアックルートだからなのか…。笑
f:id:pecopecoooom:20180827115752j:image
f:id:pecopecoooom:20180827115741j:image

ガサガサ。笑

こんな所ばかりなので腕は傷だらけになりました。
f:id:pecopecoooom:20180827115640j:image

黄色い花がたくさん!
f:id:pecopecoooom:20180827120019j:image

このコースは大半が藪漕ぎですが、道路から離れた山深い所な分壮大な景色が広がります。
f:id:pecopecoooom:20180827120115j:image
きれいな所だなぁ。
f:id:pecopecoooom:20180827120057j:image

デナリ方面。デナリは雲に隠れてしまいました。
f:id:pecopecoooom:20180827120013j:image

ずっと眺めていた山の麓まで来ました!この日の歩行距離は大体7,8kmでしょうか。やっとテントを張れそうな所を発見!あともう一踏ん張り。
f:id:pecopecoooom:20180827120038j:image

なにか珍しい花。
f:id:pecopecoooom:20180827120029j:image

20:20 また今日もクタクタになりながら、テントを張るのに良さそうな場所を見つけ幕営。ここは良い所です!
f:id:pecopecoooom:20180827120120j:image

テントの裏には沼がありました。

この辺には水場がなかったのでここから汲もうかと思ったのですが、ちょっと濁り過ぎていたのでここでは無理だねということに。とりあえず今日は来る途中で汲んで来た分があるので、水場はまた明日探しに行くことに。
f:id:pecopecoooom:20180827120107j:image

テントの裏の光景。私たちが進もうとしているコースはこの谷のはず。
f:id:pecopecoooom:20180827120023j:image

裏の沼の周りにワタスゲが咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20180827120048j:image

テント横の崖。
f:id:pecopecoooom:20180827120044j:image

これはなんの花かわかりませんが、フカフカしていて色も鮮やかでとてもキレイでした。しかもこれで咲ききった状態なのかもわかりませんが、この花がそこら中に咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20180827120003j:image
貸切!!この辺りは地面も固くて歩きやすいし、なにより眺めが良いのでここに2泊することに決めました!
f:id:pecopecoooom:20180827120033j:image

ゴハンタイム。今日の夜ゴハンはパスタとサンドイッチです。
f:id:pecopecoooom:20180827120007j:image

テントでは食べられないのでゴハンは道具を一式持ってこんな感じ。

f:id:pecopecoooom:20180827120246j:image

夕陽もキレイですね。この山行で一番テンションが上がる場所でした。
f:id:pecopecoooom:20180827120241j:image

空の雲も焼けてきました。
f:id:pecopecoooom:20180827120251j:image

明日はここでもう1泊なのでゆっくりしてられそうです。

 

つづく…