山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ〜アラスカ旅201日目 UNIT13へ

2018年9月1日(土)晴れのち曇り

f:id:pecopecoooom:20181106161507j:image

今日はUNIT13へ移動の日です。ここからはまたバスに乗って移動しなければならないため、私達にしては珍しく朝から準備です。

ここUNIT36はデナリ国立公園でもかなり西側になりUNIT13は来た方向に戻ることになるのですが、今日はこっちの方が天気が良さそう!残念ながら悪い方向へ移動しなければ…

f:id:pecopecoooom:20181106161735j:image

デナリのてっぺんも見えています。
f:id:pecopecoooom:20181106161643j:image

朝ごはんはリゾットのようなクノールから出ている鍋で煮るだけのものです。

味は色々出してるのですが、全部似たような感じです。笑。でも量が多いのでお腹はいっぱいになります。

f:id:pecopecoooom:20181106161547j:image

準備を終えて移動スタート!f:id:pecopecoooom:20181106161517j:image

最近は本当に日に日に、紅葉が進み一面ブルーベリー畑のデナリはまさに紅葉真っ只中。
f:id:pecopecoooom:20181106161750j:image

すぐに道路に到着。

いつものように帰り方向のバスを待ち、ヒッチハイク

f:id:pecopecoooom:20181106163031j:image

移動中のバスからグリズリーが見えました。

ブルーベリーを食べています。笑
f:id:pecopecoooom:20181106161352j:image

『Eielson Visitor Center(アイルソンビジターセンター)』です。

いつもはビジターセンターの下や上の山にも人がたくさんいるのに、今日はなんだか様子が違う…と思ったら、グリズリー親子がビジターセンターのすぐ傍に出没したようで、周辺の遊歩道は閉鎖されていました。

f:id:pecopecoooom:20181106161653j:image

ガラーン。
f:id:pecopecoooom:20181106161420j:image

グリズリーを見ている人たち。
f:id:pecopecoooom:20181106161628j:image

困ったことに私達が今日から入るUNIT13はこのビジターセンターの下の遊歩道から入るのですが、バックカントリーパーミットを持っていても、このように遊歩道が閉鎖した時には行けないとのこと。

しばらくすれば解除になるかも知れないからと、そのままビジターセンターで待つようにレンジャーに言われ、ここで足止め。もしグリズリーがこの場から離れなかった場合は行けないそうです。

f:id:pecopecoooom:20181106161657j:image

2時間待ったところで遊歩道は規制解除になり、もう行っていいよとのことで出発。

入れて良かった〜。

この『Gorge Creek Trail(ゴルジュクリークトレイル)』という所からまずUNIT12に降ります。
f:id:pecopecoooom:20181106161348j:image

遊歩道は日本の登山道みたいな感じでした。久しぶりの歩きやすい道に感動。笑

f:id:pecopecoooom:20181106161326j:image

川が見えてきました。『Thorofare River(ソロフェアーリバー)』です。

ここは渡渉は避けられないそうですが、できるだけ靴は濡らしたくないな…もう寒いし。
f:id:pecopecoooom:20181106161437j:image
f:id:pecopecoooom:20181106161433j:image

遊歩道から川に出る所にはケルンが積まれていて、分かりやすいようになっていました。f:id:pecopecoooom:20181106161411j:image

ここはUNIT12。隣の13を目指します。
f:id:pecopecoooom:20181106161636j:image

なんとか川に足を突っ込まない程度の所を選んで歩いていきます。
f:id:pecopecoooom:20181106161557j:image

チョウノスケソウの綿毛が一面に。

ここは夏来たらお花が満開で凄そうですね。
f:id:pecopecoooom:20181106161356j:image

こういった平たい場所で川沿いを歩けて、しかも夏はお花畑。このコースが人気なのも納得です。
f:id:pecopecoooom:20181106161714j:image

楽園!
f:id:pecopecoooom:20181106161403j:image

カリブーが4頭。休んでいます。笑

全然逃げませんね。
f:id:pecopecoooom:20181106161728j:image

UNIT13はこの川を渡った所なのですが、どこから渡ろう…。
f:id:pecopecoooom:20181106161521j:image
f:id:pecopecoooom:20181106161538j:image

じゃばーん。
f:id:pecopecoooom:20181106161616j:image

結局靴を濡らさずに先へ進むのは無理だったので諦めて渡渉。笑

だいぶ気温も下がってきたので、川の冷たい水がしみる…。笑

f:id:pecopecoooom:20181106161334j:image

上陸。笑
f:id:pecopecoooom:20181106161535j:image

この沼は戻る時にも避けられそうにないですね。
f:id:pecopecoooom:20181106161606j:image

丘を登っていきます。

紅葉が赤や黄色やオレンジ!
f:id:pecopecoooom:20181106161742j:image

ここはなんとなく大雪山を思い出す風景。
f:id:pecopecoooom:20181106161543j:image

カラフル。
f:id:pecopecoooom:20181106161448j:image

どこにテントを張ろうかなーとウロウロ。
f:id:pecopecoooom:20181106161416j:image

この植物もよく生えてる。
f:id:pecopecoooom:20181106161429j:image
f:id:pecopecoooom:20181106161754j:image

人気のトレイルコース、アンダーソンパスはこの川沿いを氷河の方へ歩いて行くのですが、上から見下ろしても本当に美しいところで、やっぱりそこも歩いてみたかったー!と心から思いました。


f:id:pecopecoooom:20181106161705j:image

アンダーソンパスへ行くには、UNIT13→18のバックカントリーパーミットが必要で、外人の足でもUNIT18に1泊することが必要になります。今回はUNIT18のパーミットは取らなかったので行くことは出来ませんが、また来れることがあったら必ず行こうと思いました。
f:id:pecopecoooom:20181106161512j:image

天気は優れなくてもとてもキレイなところです。
f:id:pecopecoooom:20181106161632j:image

テントを設営。周りがブルーベリーの木だらけで、あまり良い所ではなかったのですが、他に良さそうな所も見つからなかったのでここに決定。
f:id:pecopecoooom:20181106161613j:image

テントの中も準備できました!
f:id:pecopecoooom:20181106161330j:image

キレイな沼がありました。ここに動物が来てくれるかなー?
f:id:pecopecoooom:20181106161551j:image
f:id:pecopecoooom:20181106161649j:image

そして、今日の夕陽はすごいよ!真っ赤です!
f:id:pecopecoooom:20181106161738j:image

夕陽に照らされて後ろの山もピンクに。
f:id:pecopecoooom:20181106161746j:image

見てるだけで癒される。あぁ、アラスカの旅もこれが最後かぁ。としみじみ。
f:id:pecopecoooom:20181106161452j:image

静かに夕陽がおちていきました。

 

つづく…。