山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅を終え、日本に帰ってきました!旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

カナダ〜アラスカ旅 207日目

2018年9月7日(金)晴れ

f:id:pecopecoooom:20181204182920j:image

2日間は帰国までの準備日として、お土産を買ったりなんなりで、フェアバンクスの町中をウロウロとしていました。

このカラフルなものはガーデニングとペットショップ一体型のお店にあった、ペット用の骨ならぬ、豚の耳です。笑
f:id:pecopecoooom:20181204182916j:image

アメリカに来たからには一度は行っておかないと!と、ステーキで有名なレストラン『Turtle Club』へ。
f:id:pecopecoooom:20181204182946j:image

相方さんが頼んだ『MINNERS CUT』$44.95

肉の厚さがすごい。高さ8センチくらいあります。
f:id:pecopecoooom:20181204182926j:image

私が頼んだ『FOXY CUT』$28.95

これが一番小さいサイズ。笑
f:id:pecopecoooom:20181204182901j:image

お肉に付けて食べるらしい。f:id:pecopecoooom:20181204182930j:image

更にサラダはサラダバーで取り放題。パンもテーブルに持って来てくれます。

さすがアメリカ。けどお肉はみんな普通に食べきれなくて残りはテイクアウトしてました。持ち帰るのが普通みたいですね。

f:id:pecopecoooom:20181204182934j:image

帰り道にパイプラインを発見。
f:id:pecopecoooom:20181204183033j:image
f:id:pecopecoooom:20181204182942j:image

石油がこれで運ばれているんですね。

このパイプラインは郊外を通り、やがては北極海の油田開発工場にまで繋がっているなんて!

アラスカに来たら北極海まで延びるパイプラインを見てみたいと思っていたけど、今回の旅では一部を見れただけでした。
f:id:pecopecoooom:20181204182939j:image
f:id:pecopecoooom:20181204182909j:image

人と比べてもこの大きさ!

アラスカは広大な土地と、自然が豊かなため多くの植物や動物が生息し、ANWR(北極圏野生動物保護区)のような未だ『手付かずの自然』と呼ばれる場所が残りますが、その下には石油が埋まっており、石油を掘ることで人々の生活が潤っていることも事実です。(実際に、アラスカ州には消費税がありません!)しかし、石油採掘を進めれば、それに伴い動物たちの生きる自然環境が破壊され、このかけがえのない自然はいつかなくなってしまいます。

自らアラスカの自然の中に身を置き、野生動物の生活を目の当たりにし、見たことのないスケールの自然の素晴らしさを知ってしまうと、この自然は守るべきものなんだと思いました。

(ビッグサイズのお肉を食べた後に言うのもなんですが…)

その反面、人間が生きるのに石油の恩恵を受けていることも事実で、その2つを天秤にかけるというのはとても、本当に、難しい問題だと思いました。

 

アラスカとはそういう場所なんだと、改めて実際に訪れて考えさせられました。

 

つづく…