山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

絶景スノーシューハイク 〜塩谷丸山

f:id:pecopecoooom:20190223144601j:image

【日程】2019年2月22日(金)

【天気】晴れ
【エリア】札幌・小樽近郊

f:id:pecopecoooom:20190222195249j:image

8:20 今日は今までに何度も訪れている小樽の『塩谷丸山』へ!札幌から約1時間、小樽乗り継ぎで塩谷で下車。とても小さい駅です。
f:id:pecopecoooom:20190222195224j:image

2両しかないこのワンマン電車は、ニセコまで行くそうでスノーボードを背負った人などで結構混み合っていました。
f:id:pecopecoooom:20190222195308j:image

駅から夏道と同じ方向へ。
f:id:pecopecoooom:20190222195217j:image

踏切を渡ります。
f:id:pecopecoooom:20190222195207j:image

夏道は右に行く所の分岐ですが、冬道はここを左へ。
f:id:pecopecoooom:20190222195300j:image

新しくトンネルが出来ていました。
f:id:pecopecoooom:20190222195230j:image

トンネルを通り抜けひたすらまっすぐ進みます。
f:id:pecopecoooom:20190222195213j:image

8:40 駅から15分程歩き、住宅街を抜けたらこのような除雪の最終地点に到着。塩谷丸山の冬道はここからスタートです!
f:id:pecopecoooom:20190222195254j:image

こんもりと積んである雪山の裏はこんな感じ。さすが人気の山なので、もう道のようになっていますね。

f:id:pecopecoooom:20190223145255j:image

6,7分くらい歩いた所に分岐があります。ここを右へ。

f:id:pecopecoooom:20190222204328j:image

キレイな松の森を抜けていきます。ここはほぼ平坦です。

f:id:pecopecoooom:20190222195613j:image

ここから左の尾根に乗るのですが、たくさんピンクテープがつけられていたので、間違えることはなさそう。

f:id:pecopecoooom:20190222203518j:image

ここ数日は気温が高く、晴れが多かったので、雪は踏み固められており、スノーシューを履かなくてもツボ足で登れるくらいでした。
f:id:pecopecoooom:20190222203416j:image

雪の地面に映る木の影がとてもキレイ。
f:id:pecopecoooom:20190222203242j:image

ほぼ道のようになっている所。
f:id:pecopecoooom:20190222203348j:image

少し傾斜のきつい所です。ここで一休み。

きついと行っても距離も短く、今日は踏み跡もたくさんついているので、歩きやすいです。

雪がこんもり積もっていればラッセルが大変な所です。
f:id:pecopecoooom:20190222203118j:image

急な斜面を上がると、少しずつ景色も良くなっていきます。
f:id:pecopecoooom:20190222203506j:image
f:id:pecopecoooom:20190222203206j:image

振り返ると海が見えてきました。

霞みがかっていますが、今日は天気予報通りずっと天気も良く、頂上からの景色も期待できそう!

f:id:pecopecoooom:20190222203421j:image

急登を抜けて少し右気味に進んで行きます。

f:id:pecopecoooom:20190224004803j:imagef:id:pecopecoooom:20190222203333j:image

10:45 広い斜面に出ました。振り返った眺めが最高です。テンション↑
f:id:pecopecoooom:20190222203247j:image

少し風が強くなってきましたが、歩いていれば丁度良いくらいです。
f:id:pecopecoooom:20190222203228j:image

ラッセルも必要なくてとても歩きやすい。f:id:pecopecoooom:20190222203459j:image

f:id:pecopecoooom:20190222204250j:image

本当にとても暖かいです。アルパインのジャケットは着ることなく終わりそう。今日はアンダーウェアの上に、裏起毛のジャージのようなパーカーを着てるのみですが、それで丁度良いです。日に焼けそうだなぁ。
f:id:pecopecoooom:20190222203303j:image

冬道は夏道とか別の方向から登ってくるため、何度も訪れている塩谷ですが、見える景色も違って新鮮!
f:id:pecopecoooom:20190222203309j:image

キレーイ\(^ω^)/
f:id:pecopecoooom:20190222203149j:image

頂上が見えてきました!!
f:id:pecopecoooom:20190222203018j:image

ここだけ白樺の木。

青い空に映えますね(*´◡`*)

f:id:pecopecoooom:20190222203037j:image

あと少し。
f:id:pecopecoooom:20190222203525j:image
f:id:pecopecoooom:20190222203454j:image

頂上への最後の登り。ここだけ急。

f:id:pecopecoooom:20190224005703j:image

頂上の看板はー…あった!

夏道は西側から登ってきますが、冬道は北側から頂上に到達。
f:id:pecopecoooom:20190222203157j:image

11:05 塩谷丸山629mに到着!!低山ながら眺めが良いので何回も来てしまいます。
f:id:pecopecoooom:20190222203100j:image

今日は他に誰も来ていないよう。足跡もありませんでした。
f:id:pecopecoooom:20190222203051j:image

海もハッキリ見えてます!今日は絶好の登山日和だー(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190222203110j:image

見晴台方面。向こうはどうなってるかな?左側は雪庇になっているのであまり近づかない方がよいです。
f:id:pecopecoooom:20190222203044j:image

天狗山、遠藤山の看板。そういえば今までここから先へは行ったことはないけど、今度行ってみよう。
f:id:pecopecoooom:20190222203201j:image

見晴台の祠は雪に埋もれていました。
f:id:pecopecoooom:20190222203253j:image

残念ながらりモヤがかって羊蹄山は見えませんでした。

こちら側は風が強い!!
f:id:pecopecoooom:20190222203025j:image

雲ひとつない青空。
f:id:pecopecoooom:20190222203428j:image

海と空の境目がぼんやりしててわかりません。すごい。

冬の塩谷もいいですねー(*´◡`*)

f:id:pecopecoooom:20190222204635j:image
頂上は風が強いので、少し下った所で休憩することにしました。
f:id:pecopecoooom:20190222203236j:image

こちら側の木にはモコモコ雪がついています。

風が当たらないから飛ばされにくいのかな?
f:id:pecopecoooom:20190222203008j:image

と、いうことであまり風の当たらない場所でお昼ゴハンです。
f:id:pecopecoooom:20190222203404j:image

木に蕾がついていました!春みたい!!
f:id:pecopecoooom:20190222203258j:image

今日のお昼ゴハンは、『星華楼』の肉まんをメスティンで蒸したものと、
f:id:pecopecoooom:20190222203440j:image

『ランチパック』のたまご味と、ハムチーズ味をバターで焼いて、カレーパウダーをかけたものです。
f:id:pecopecoooom:20190222203030j:image

ホットサンドみたいで、美味しくできました。

焼くだけだからめちゃくちゃ簡単です。
f:id:pecopecoooom:20190222203133j:image

肉まんはピリ辛で絶品!!冬でこんなにお昼にゆっくりできるのは久しぶりです。暖かくなったなぁ(*´◡`*)

f:id:pecopecoooom:20190222203055j:image

14:00の電車で帰らなくてはいけないため12:10下山開始。帰りもずっとこの絶景を見ながら下りていけます。
f:id:pecopecoooom:20190222203327j:image
頂上付近の広い斜面は少し踏んだら沈むくらいの雪が積もっていました。
f:id:pecopecoooom:20190222203314j:image

足跡やらスキーの後やらですごい。
f:id:pecopecoooom:20190222203340j:image

人の歩いた所は固くて歩きにくいので、なるべく雪の積もっている所を歩いて行きます。
f:id:pecopecoooom:20190222203214j:image

疎林帯に入ると足元の雪はガチガチに。
f:id:pecopecoooom:20190222203448j:image

こんな感じの道なので、今日みたいな数日雪が降っていない状況ならGPSなどなくても初めての方でも行けるんじゃないかなー?と思いますが、ただ、円山や藻岩山ほどのハッキリとした道がある訳ではなく、あちこちにスキーの跡などあって混同しやすいので、せめてGPSアプリを入れておくのをオススメします。

f:id:pecopecoooom:20190222203905j:image

急登部分を下り終えた所。ここを左気味へ。
f:id:pecopecoooom:20190222203811j:image

今日はずっと天気が良い(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190222203742j:image
f:id:pecopecoooom:20190222203829j:image

尾根の取り付き部分のピンクテープがたくさんの所。
f:id:pecopecoooom:20190222203734j:image

ここまで来たら、あとはもうほぼ平坦な道です。
f:id:pecopecoooom:20190222203854j:image
f:id:pecopecoooom:20190222203859j:image

これは何の実かな?
f:id:pecopecoooom:20190222203837j:image

13:10最終除雪地点に到着。

下りは写真を撮りながらゆっくり歩いても、1時間くらいでした。
f:id:pecopecoooom:20190222203757j:image

塩谷駅に到着。レトロな駅舎。
f:id:pecopecoooom:20190222203824j:image

トイレがありますが、トイレットペーパーはついていません。
f:id:pecopecoooom:20190222203802j:image

帰りもこのワンマン電車で。
f:id:pecopecoooom:20190222203750j:image

料金表示板がバスみたい。
f:id:pecopecoooom:20190222203727j:image

一番前に乗るとこんな感じで線路が見えます。

ちょっと旅気分も味わえていいですね(*´◡`*)

 

 

おわり