山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

お手軽でも日高山脈〜アポイ岳


f:id:pecopecoooom:20190520222020j:image

【日程】2019年5月19日(日)

【天気】晴れ

【コース】アポイ岳登山口〜馬の背595m〜アポイ岳頂上810.6m〜アポイ岳登山口f:id:pecopecoooom:20190520222026j:image

今日は日高山脈アポイ岳へ。

日曜日で人気の山とあって、駐車場は既に停めるスペースがないほどでした。
f:id:pecopecoooom:20190520221916j:image

駐車場からすぐの所に、登山者用のトイレがあります。
f:id:pecopecoooom:20190520222035j:image

駐車場からまっすぐ進むとアポイ岳の看板が。

ジオパークというのは地球が生み出した地形や地質を楽しむことができる場所のことらしく、日本には44地域のジオパークがあるそう。
f:id:pecopecoooom:20190520221935j:image

登山口はまっすぐ。途中に携帯トイレの回収BOXが置いてありました。この山は途中にトイレはなく、トイレブースがあるのみなので、携帯トイレの持参を推奨しています。
f:id:pecopecoooom:20190520221952j:image

キレイな赤い花。
f:id:pecopecoooom:20190520221940j:image

登山届ポストです。ざっと見たところ、今日だけで200人程入っていました。笑
f:id:pecopecoooom:20190520222002j:image

近くの案内板には今咲いている花が写真付きで載っていました。思ったよりも咲いてるのかも!期待大です(*´◡`*)

f:id:pecopecoooom:20190520221907j:image

10:10 登山ポストからさらに進んだここが実質的な登山口になります。
f:id:pecopecoooom:20190520221921j:image

すぐに1合目の標識が。

そういえば1合目の辺りでヒグマの足跡があったと案内板に書いてありました。
f:id:pecopecoooom:20190520221929j:image

早速花が。これは『今咲いてる花』のどれなんでしょう。花は似ていて違いがよくわかりません。
f:id:pecopecoooom:20190520221948j:image

始めは樹林帯を歩きます。5合目まではほとんどこんな感じです。
f:id:pecopecoooom:20190520221958j:image

シダ系の何かも生えてました。
f:id:pecopecoooom:20190520221912j:image
f:id:pecopecoooom:20190520221902j:image

ほとんど傾斜のない平坦な道。f:id:pecopecoooom:20190520222014j:image

桜がまだ咲いてました!
f:id:pecopecoooom:20190520222008j:image

これはクマ鈴ならぬ、クマ鐘。笑

お寺の鐘のような破壊力ある音がします。

これが登山道の所々に設置してあります。

f:id:pecopecoooom:20190520222346j:image

10:35 もう2合目。
f:id:pecopecoooom:20190520222548j:image

かんらん岩についての説明がありました。

かんらん岩は本来地表にあるはずのない岩石らしいのですが、プレート同士の衝突により日高山脈が形成され、地下数10万kmにあったマントルが上昇、露出したものがアポイ岳になったそう。その際にマントルを構成するかんらん岩が地表に出てきた。ということらしいです。

とにかく、アポイ岳は地質学的にも珍しい点が多い特別な山のようです。
f:id:pecopecoooom:20190520222527j:image
f:id:pecopecoooom:20190520222556j:image

ところどころに木の渡橋が。とても整備は行き届いています。
f:id:pecopecoooom:20190520222620j:image

10:55 3合目。
f:id:pecopecoooom:20190520222624j:image

小人の家。みたいな。
f:id:pecopecoooom:20190520222508j:image

歩きやすい道は続く。
f:id:pecopecoooom:20190520222425j:image

11:15 4合目。標識の感覚が短いですね。
f:id:pecopecoooom:20190520222430j:image
f:id:pecopecoooom:20190520222501j:image

5合目にある避難小屋が見えてきました!
f:id:pecopecoooom:20190520222409j:image

11:25 5合目到着。
f:id:pecopecoooom:20190520222452j:image

5合目は樹林帯が終わり、良い休憩ポイントです。ここには人がたくさん。避難小屋は無人小屋で、ただの掘っ建て小屋という感じ。
f:id:pecopecoooom:20190520222336j:image

ここでお昼ご飯。
f:id:pecopecoooom:20190520222601j:image

あちらがアポイ岳頂上です。
f:id:pecopecoooom:20190520222605j:image

黄色の花が咲いていました。
f:id:pecopecoooom:20190520222441j:image

11:40 再出発。ここからは稜線歩きなので、ずっと良い景色を見ながら歩けますが、この日は日差しが強く、気温も高いので体力を消耗します。水を補給するところもないので、真夏に登る予定の方は水を多めに持っていった方がよさそうです。
f:id:pecopecoooom:20190520222532j:image

アポイアズマギク。
f:id:pecopecoooom:20190520222541j:image

下の樹林帯とは全然違う、岩の山に変化。
f:id:pecopecoooom:20190520222415j:image

海がキレイに見えます。
f:id:pecopecoooom:20190520222614j:image
f:id:pecopecoooom:20190520222352j:image

12:00 6〜7合目という看板に到着。
f:id:pecopecoooom:20190520222332j:image

だいぶ標高も上がってきて眺めが良いです。f:id:pecopecoooom:20190520222514j:image

12:05 7合目。
f:id:pecopecoooom:20190520222519j:image

道はずっとキレイに整備されています。
f:id:pecopecoooom:20190520222420j:image

チングルマがもう咲いていました!

アポイ岳は810mという低い標高ながら、たくさんの高山植物が咲くことで有名ですが、これもかんらん岩と、海岸に近い立地によるものらしいです。通常であればこんな低い山では見ることのできない花や、ナキウサギも生息している謎の多い山なんだそうです。
f:id:pecopecoooom:20190520222537j:image

いいですねー(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190520222446j:image

12:15 馬の背お花畑という所に到着。

残念ながらまだお花畑にはなっていませんでしたが。。ここは少し広めの広場になっていたので、休憩はここでも良かったかも。
f:id:pecopecoooom:20190520222340j:image

日高山脈が続きます。

何年か前に行った百名山幌尻岳方面です。
f:id:pecopecoooom:20190520222456j:image

海と空の境目がぼんやりしています。
f:id:pecopecoooom:20190520222357j:image

桜の木がぽつりと。
f:id:pecopecoooom:20190520222435j:imagef:id:pecopecoooom:20190521010922j:image

12:30 8合目。頂上が見えます。人も列になっているのが見えました。日曜日ですからね。
f:id:pecopecoooom:20190521010928j:image
素晴らしい眺めです。
f:id:pecopecoooom:20190521010838j:image

手をつきながら登るような岩場も出てきました。ゆっくり登れば大丈夫です。
f:id:pecopecoooom:20190521010916j:image

振り返った景色。
f:id:pecopecoooom:20190521010827j:image

12:45 9合目は岩が目印。

f:id:pecopecoooom:20190521011122j:image

頂上はダケカンバで覆われているそうなのですが、普通だとダケカンバ帯の上にハイマツ帯があるのですが、アポイ岳はそれが逆になっており、ハイマツ帯より上にダケカンバが生えています。これは謎らしいです。
f:id:pecopecoooom:20190521011108j:image

頂上への最後の登り。あと一息!
f:id:pecopecoooom:20190521011116j:image

13:00 アポイ岳頂上810.6mに到着!!

到着した時は頂上には20名くらいはいましたが、すぐに貸切状態に。
f:id:pecopecoooom:20190521011127j:image

アポイ岳アイヌ語で『大火を焚いた山』という意味だそうです。

f:id:pecopecoooom:20190521233712j:image

アゲハ蝶がいました。ここでもってきたガトーショコラを食べながら少し休憩。

f:id:pecopecoooom:20190525231618j:image

アポイ岳は残念ながら頂上は木に囲われていて、あまり眺望は良くありません。途中の方が眺めはいいですね。
f:id:pecopecoooom:20190521233646j:image

13:20 下山開始。下山後の温泉が楽しみです。

左に行くと、幌満お花畑コースで、少し遠回りして元来たコースに合流できます。が、稜線を歩きたいので、登ってきた道と同じコースで下山です。
f:id:pecopecoooom:20190521233727j:image

低山とは思えないくらいの眺望。
f:id:pecopecoooom:20190521233652j:image

下りは滑るのでゆっくり。
f:id:pecopecoooom:20190521233656j:image

海を眺めながら歩けるのもいい所ですね。
f:id:pecopecoooom:20190521233623j:image

これがかんらん岩です。登山道に所々出ています。
f:id:pecopecoooom:20190521233717j:image

あっという間に5合目を過ぎ、樹林帯へ。
f:id:pecopecoooom:20190521233634j:image

あと少し。
f:id:pecopecoooom:20190521233704j:image

15:10 ゴール!

お疲れ様でした!暑くて汗ダラダラでしたが、天気も良くて最高の眺望でした(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190521233628j:image

帰りに。ビジターセンターにはアポイ岳についての展示がたくさん。なかなか面白いです。
f:id:pecopecoooom:20190521233722j:image

靴の洗い場も完備です。

ちなみに自販機もあるので、下りてすぐに冷たい炭酸を飲めるのが良いですね(*´◡`*)

 

帰りは帰り道にあるアポイ山荘へ。

ビジターセンターにある割引券をもらえば、入浴料と、ソフトクリームがついて1人600円です(*´◡`*)

 

おわり