山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

大雪プチ縦走 赤岳〜北海岳〜白雲岳③

f:id:pecopecoooom:20190907232051j:image

北海岳から白雲岳へ向かう道。
f:id:pecopecoooom:20190907232152j:image

チングルマが綿毛になっていました。綿毛になってもカワイイ花です。
f:id:pecopecoooom:20190907232230j:image
f:id:pecopecoooom:20190907232441j:image

行きの時には満席状態だったベンチ。帰りは誰もいなかったので、腰掛けてみました。笑

北海岳の頂上は人がいっぱいで落ち着けなかったしなぁ。
f:id:pecopecoooom:20190907232411j:image

ベンチの所から右にも行けそうな道がついてましたが、立入禁止と書かれていました。
f:id:pecopecoooom:20190907232601j:image

カラス。笑

でかいです。
f:id:pecopecoooom:20190907232530j:image

この白雲岳の麓部分の道が岩がゴロゴロしていますが、とてもキレイです。

道も迷うような所はないし、歩きやすいです。
f:id:pecopecoooom:20190907232259j:image

行きにも見たけど、ここがめちゃくちゃキレイ。大雪山の広さも感じます。
f:id:pecopecoooom:20190907232537j:image

これはなんの花だったか…。よくみるやつ。
f:id:pecopecoooom:20190907232013j:image

なんだかだんだん紅葉が進んでいるような。
f:id:pecopecoooom:20190907232428j:image

ここのウラシマツツジは真っ赤です。
f:id:pecopecoooom:20190907232649j:image
f:id:pecopecoooom:20190907232447j:image

12:50 白雲岳分岐に到着。少し休憩。

ここから赤岳へ戻ろうと思ったのですが、予定より早く戻って来れたので、せっかくだし白雲岳にも寄っていくことにしました。
f:id:pecopecoooom:20190907232029j:image

白雲岳分岐から白雲岳方面へ。

ナキウサギの声が聞こえます。姿は見えませんが、声が高いから子供かな?f:id:pecopecoooom:20190907232628j:image

ミニケルン。
f:id:pecopecoooom:20190907232035j:image

白雲岳分岐から白雲岳頂上までは30分もかからないくらいですが、この間の景色も最高です。
f:id:pecopecoooom:20190907232609j:image

平坦な道。
f:id:pecopecoooom:20190907232501j:image

白雲平です。広くてここも別世界のよう。

ジュラシックパークみたいな。
f:id:pecopecoooom:20190907232130j:image
f:id:pecopecoooom:20190907232637j:image

白雲岳への最後の登り部分。岩がゴツゴツしているので少し大変です。
f:id:pecopecoooom:20190907232642j:image

13:25 『白雲岳』頂上2229m到着!貸切!

夏の早い頃だとここから見える雪渓が見事で有名ですが、もう秋ともなるとほとんど溶けてなくなっていました。
f:id:pecopecoooom:20190907232021j:image

高根ヶ原です。高根ヶ原〜忠別岳へ向かう道は、大雪山の中でも特に好きな道です。
f:id:pecopecoooom:20190907232139j:image

こちらは旭岳方面。
f:id:pecopecoooom:20190907232349j:image

最近は日帰りならあえて湯を沸かすより、沸かしたお湯をサーモスのボトルに入れて持ち歩く方が楽でいいなぁと思ったのですが、今日はゆっくりしようと持ってきました。

JETBOILのマイクロモです。1人用の小さめのタイプで、湯を沸かすだけならJETBOILが断然早くてオススメです。
f:id:pecopecoooom:20190907232514j:image

13:50 ゆっくりコーヒーを飲んで休んで下山です。
f:id:pecopecoooom:20190907232356j:image

景色が良すぎる。
f:id:pecopecoooom:20190907232041j:image

ナキウサギの子供!!!声は聞こえていましたが、やっと姿を確認できました。

岩の上にたって空を見上げてる!笑
f:id:pecopecoooom:20190907232251j:image

この子供のナキウサギが、花や草を摘んでは巣に運ぶという行動を繰り返していて、チョロチョロするので、しばらく様子を見ていました。

子供は警戒心があまりなくて、近くまでやって来ます。

f:id:pecopecoooom:20190914154610j:image

ジャンプ!草をくわえています。

ブレてるからあんまり見えないけど。
f:id:pecopecoooom:20190907232059j:image

北海岳方面。
f:id:pecopecoooom:20190907232214j:image

14:25 白雲岳分岐に戻ってきました。

さっきまでは結構人もいたのに、すっかり誰もいなくなりました。歩いている人は白雲の小屋の方へ行きそうな縦走の荷物を背負っている人だけです。
f:id:pecopecoooom:20190907232423j:image

ここから赤岳登山口まで『山と高原地図』によれば3時間。たぶんそんなにかからないけど、ナッキーの分時間をロスしてしまった…。少し早歩きで下りなければ。
f:id:pecopecoooom:20190907232654j:image

14:30 『小泉岳分岐』
f:id:pecopecoooom:20190907232237j:image

ここらはひたすら歩くのみ。
f:id:pecopecoooom:20190907232453j:image

この時間帯の方が山はキレイです。でも少し雲がわいてきました。
f:id:pecopecoooom:20190907232522j:image

14:50 『赤岳』そのままスルー。
f:id:pecopecoooom:20190907232623j:image

ここからは特に下山に集中。
f:id:pecopecoooom:20190907232222j:image

急がないといけないのに、キレイに咲いてるから足が止まります。
f:id:pecopecoooom:20190907232243j:image

夕方になりそうな空。
f:id:pecopecoooom:20190907232616j:image

朝よりこの時間帯の方がこの沼もキレイでした(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190907232403j:image

やっとここまで来ました。
f:id:pecopecoooom:20190907232549j:image

『奥の平』辺り、なんか物音がするなと思ったら鹿の親子が走っていきました。
f:id:pecopecoooom:20190907232159j:image

あれ?朝こんなに紅葉してたっけ??
f:id:pecopecoooom:20190907232206j:image

ここまで来ればあと少し。
f:id:pecopecoooom:20190907232108j:image

また鹿!
f:id:pecopecoooom:20190907232338j:image

16:20 白雲分岐から約2時間。

なんとか明るいうちに下りれました。よかったー。
f:id:pecopecoooom:20190907232345j:image

登山口には親切に靴の洗い場があります。

ここで靴についた土を落としていきました。

f:id:pecopecoooom:20190914155331j:image

帰りは層雲峡温泉にある『黒岳の湯』へ。

21:30までやってるのでこっち方面に来た時はここへよく行きます。

おとな1人600円です。

 

おわり