山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

オプタテシケ山 1日目 望岳台〜美瑛富士キャンプ地

f:id:pecopecoooom:20190920103102j:image

【日程】2019年9月17日(火)〜18日(水)
【天気】曇り時々晴れ
【コース】

《1日目》望岳台十勝岳登山口〜雲ノ平分岐〜ポンピ沢〜美瑛岳分岐〜美瑛富士分岐〜美瑛富士キャンプ地

《2日目》美瑛富士キャンプ地〜石垣山1822m〜ベベツ岳1860m〜オプタテシケ山2012m〜美瑛富士キャンプ地〜美瑛富士分岐〜美瑛岳分岐〜美瑛岳2052m〜美瑛岳分岐〜平ケ岳〜十勝岳2077m〜十勝岳避難小屋〜望岳台十勝岳登山口

f:id:pecopecoooom:20191014234444p:image

f:id:pecopecoooom:20190920002826j:image

9:50 今回は十勝連峰のまだ行ったことのなかったオプタテシケ山を目指します。

オプタテシケ山までは結構距離が長く、『山と高原地図』によると、頂上まで8時間くらいかかってしまうので、私たちの足だとおそらくもっとかかるだろう…と言うことで、1日目は美瑛富士のキャンプ地までとしました。

望岳台の駐車場は既に車がいっぱい。

f:id:pecopecoooom:20190920003013j:image

望岳台は十勝岳の登山口です。
f:id:pecopecoooom:20190920003735j:image

一般の人もここまでくらいなら気軽に歩いて来れるので、外国人観光客もたくさんいました。
f:id:pecopecoooom:20190920003023j:image

十勝岳の頂上は雲の中…。天気予報では今日は晴れる予定なんですが…。朝方までこの辺りも雨が降っていたので、なんだか怪しいです。
f:id:pecopecoooom:20190920003008j:image

『白銀荘』分岐です。
f:id:pecopecoooom:20190920002945j:image

振り返るとすぐにいい景色(*´◡`*)
f:id:pecopecoooom:20190920002950j:image

シラタマノキというらしい。

かわいいです。
f:id:pecopecoooom:20190920002955j:imagef:id:pecopecoooom:20190920003003j:image

10:55 『雲の平分岐』です。

オプタテシケ山への行き方は色々あるのですが、一般的なのは美瑛富士登山口から美瑛富士キャンプ地を通って、オプタテシケまで行くルートかと思います。今回は気分を変えて望岳台から行ってみることにしました。
f:id:pecopecoooom:20190920003027j:image

この分岐を左へ。途中までは美瑛岳のルートと同じです。右は十勝岳です。
f:id:pecopecoooom:20190920002941j:image

すぐ細い沢に当たります。渡るのは簡単です。
f:id:pecopecoooom:20190920002936j:image

サラサラと流れる川。硫黄沢川というそうです。
f:id:pecopecoooom:20190920002932j:image

紅葉が進んでいますね。

f:id:pecopecoooom:20190920003424j:image

何年も前に美瑛岳へ登ったのですが、その時も秋で、この辺は黄色の紅葉が多かったのを覚えています。ここらはまだ少ないですかね。
f:id:pecopecoooom:20190920003514j:image

だいぶ高度が上がってきました。美瑛の町でしょうか。
f:id:pecopecoooom:20190920003327j:image

休憩。ゼリータイプのアミノバイタルです。

これ美味しいです。
f:id:pecopecoooom:20190920003527j:image

なんとなく青空が広がってきました!
f:id:pecopecoooom:20190920003559j:image
f:id:pecopecoooom:20190920003407j:image
f:id:pecopecoooom:20190920003351j:image

ハイマツハイマツ。
f:id:pecopecoooom:20190920003301j:image
f:id:pecopecoooom:20190920003459j:image

天気が怪しくなってきましたが…。
f:id:pecopecoooom:20190920003336j:image

ブルーベリーがなっていました!!
f:id:pecopecoooom:20190920003455j:image
f:id:pecopecoooom:20190920003537j:image

ここはこの美瑛岳へ行くルートの中でも難所です。かなりえぐれている沢ですが、こんなにえぐれていたっけ?ここ何年かで更に深くなったような気がします。
f:id:pecopecoooom:20190920003709j:image

ほぼ垂直に降りなければいけません。足元も滑るので、ロープを掴みながら慎重に降ります。
f:id:pecopecoooom:20190920003331j:image

降りた所。

f:id:pecopecoooom:20190920145039j:image
f:id:pecopecoooom:20190920003743j:image

降りたと思ったら今度は登らなければいけません。こちらにはハシゴがかかっています。
f:id:pecopecoooom:20190920003519j:image

一段一段慎重に。

f:id:pecopecoooom:20190921071711j:image

無事沢を渡り終えるという平坦な道が続きます。
f:id:pecopecoooom:20190920003543j:image

以外と登山道上に木が伸びて当たります。
f:id:pecopecoooom:20190920003509j:image

ここも乗り越えていきます。
f:id:pecopecoooom:20190920003523j:image

美瑛岳』の看板を発見。
f:id:pecopecoooom:20190920003449j:image

12:40『ポンピ沢』です。結構水量の多い勢いのある川です。ここでお昼ご飯にします!
f:id:pecopecoooom:20190920003347j:image

昼ごはんはコンビニで調達してきました(*´◡`*)f:id:pecopecoooom:20190920003724j:image

相方さんは家から煮卵を作ってきていました。
f:id:pecopecoooom:20190920003419j:image

13:10出発。美瑛岳ルートの2つ目の難所、というわけではないですが、ここからの急登がポンピ沢を超えた所から始まります。

f:id:pecopecoooom:20190920145449j:image

本当に急です。美瑛岳は大変だなぁ。

f:id:pecopecoooom:20190921072025j:image

笹藪の中も通過。

f:id:pecopecoooom:20190920003548j:image

14:15『美瑛岳分岐』です。
f:id:pecopecoooom:20190920003324j:image

ここから右に行けば『美瑛岳』頂上へ。左が『美瑛富士キャンプ地』のある『美瑛富士小屋』です。
f:id:pecopecoooom:20190920003437j:image

こっちの道を通るのは初めてです!

ガスってきてしまいました…。

f:id:pecopecoooom:20190921071411j:image

景色を見たかった…。
f:id:pecopecoooom:20190920003356j:image

そして風も強くなってきた…。ガスはひっきりなしに流れて、景色も時々見えたり隠れたりを繰り返します。
f:id:pecopecoooom:20190920003413j:image

風を避けれる岩陰で15分くらい休憩。
f:id:pecopecoooom:20190920003504j:image

ガスがとれて景色が見えると嬉しい。
f:id:pecopecoooom:20190920003532j:image

出発です。ここも木に当たりまくりながら進みます。
f:id:pecopecoooom:20190920003715j:image
f:id:pecopecoooom:20190920003554j:image

紅葉が濃くなってきました!
f:id:pecopecoooom:20190920003445j:image
おぉー神秘的。
f:id:pecopecoooom:20190920003720j:image

f:id:pecopecoooom:20190920003441j:image

この辺りからガスは流れて飛んでいき、隣の美瑛富士の山頂もハッキリと見えるほどに。

f:id:pecopecoooom:20190921072839j:image

チングルマの綿毛。
f:id:pecopecoooom:20190921072835j:image

ここにもブルーベリー!f:id:pecopecoooom:20190921073045j:image
f:id:pecopecoooom:20190921073102j:image

一部キレイに紅葉。
f:id:pecopecoooom:20190921073058j:image
f:id:pecopecoooom:20190921073053j:image

ついに看板に『オプタテシケ』の文字が。
f:id:pecopecoooom:20190920003433j:image

15:40 『美瑛富士分岐』です。ここを左に行けば『美瑛富士』右に行けば『美瑛岳』にも戻れます。

f:id:pecopecoooom:20190920003319j:image

この分岐をまっすぐ進みます。『トムラウシ山』へもここから18kmですが行けます。
f:id:pecopecoooom:20190920003400j:image

こちらは『美瑛富士』山頂方面の景色。
f:id:pecopecoooom:20190920003342j:image

f:id:pecopecoooom:20190920084624j:image

こちらの新得側の景色が素晴らしかったです。

東大雪の山々も見えていました。
f:id:pecopecoooom:20190920084541j:image

16:10 『美瑛富士避難小屋分岐』です。

キャンプ地まであと少し!
f:id:pecopecoooom:20190920084457j:image

16:15 着きました!『美瑛富士避難小屋』です!ここは避難小屋なので、管理人はいませんが、普通に泊まる人も多い小屋です。この日も何人か泊まっていました。

ちなみにこのテン場には水場はありませんので、自分で持って来る必要があります。
f:id:pecopecoooom:20190920084556j:image

すっかり晴れた!
f:id:pecopecoooom:20190920084548j:image

私たちは小屋の前のスペースにテントを張ります。このキャンプ地はあまり広くなく、せいぜい5張くらいしか張れないような気がします。小屋の裏にも狭いスペースはあります。
f:id:pecopecoooom:20190920084552j:image

テントを設営したらまずは休憩。JETBOILがやっぱりお湯が沸くのが早いので良いです。オプション品で、テントから吊り下げ式にできるのも便利。これだと斜めの所にテントを張っても快適に湯を沸かせます。

f:id:pecopecoooom:20190921074901j:image

夜ご飯はカレーです。アラスカ以来のテント生活ですが、アラスカの時はキャンプが『生活』になってしまっていたので、楽しさよりも過酷さを感じていましたが、今回は軽くて美味しい食べ物もたくさんもってこれるし、なんだか久しぶりにゆったりとした気分を味わえました。

f:id:pecopecoooom:20190921075400j:image

街明かりも見えてきました!夕焼けで赤く染まっています。
f:id:pecopecoooom:20190920084545j:image

今日はテン場は私たちだけ。しーんとした中にひっきりなしにナキウサギの声が聞こえます。

かなり気温も下がって、冬を感じました。

明日はオプタテシケ晴れるといいなぁ。

 

カイロを全身に貼って、19:00頃には就寝です。

 

つづく…

 

[rakuten:sakaiya:10069841:detail]

JETBOIL(ジェットボイル) JETBOIL MiniMO (ジェットボイルミニモ) PSマーク取得 ガス検承認 1824381 SNST 【日本正規品】