山ガールというより山女ですが

山ガールというより山女ですが

山にハマり29歳でOLを辞め、アウトドアの世界に転向した30代女子の登山ブログです。素人目線ですがみなさまの登山計画の参考になればと思います!カナダ〜アラスカの縦断旅の様子や、日本での登山記録を載せていきます!

前天塩岳〜天塩岳 日帰り縦走

f:id:pecopecoooom:20200810124213j:image

【日程】2020年7月24日(金)~25日(土)

【天気】曇り時々晴れ

【コース】 天塩岳ヒュッテ登山口〜 連絡道分岐〜 前手塩岳(前天塩岳コース)〜 天塩岳〜(新道コース)避難小屋〜連絡道分岐〜天塩岳ヒュッテ登山口

f:id:pecopecoooom:20200808225150j:image

今回は天塩岳へ!

大雪山方面の天気が悪そうだったので、少しでも晴れ間がありそうな方面でーと探していたら、天塩岳にそういえばまだ登ったことがなかったなと気づきやってきました。

登山口にキャンプ場があるとのことだったので、せっかくなのでのんびり前泊をすることに。

ちなみにこのキャンプ場は無料です。4連休の中日でしたが先客は2組のみでした。

日帰りできる山なので、敢えて前日から泊まる人は少ないのかな?
f:id:pecopecoooom:20200808225206j:image

トイレもちゃんとあります。
f:id:pecopecoooom:20200808225358j:image

天塩岳ヒュッテ。立派!
f:id:pecopecoooom:20200808225444j:image

ここに登山届ポストがあります。
f:id:pecopecoooom:20200808224936j:image

せっかくなのでヒュッテの中を見てみます。
f:id:pecopecoooom:20200808224851j:image

とてもキレイです。ここも無料で泊まれるなんてすごい!
f:id:pecopecoooom:20200808225017j:image

洗い場は蛇口がついてましたが、出てくる水は沢の水なので、飲み水には適していないのと注意書きがされていました。

でも登山口にこんな立派なキャンプ場があるなんて(しかも無料で!)とても良いと思いました。
f:id:pecopecoooom:20200808225201j:image

こじんまりとした我が家。ご飯もあんまり凝ったものを作ったりするのはめんどくさいのでパパッとできるスタイルが理想です。
f:id:pecopecoooom:20200808225105j:image

という訳で今日はカップ麺と、コンビニで買った冷凍炒飯です。アルコールストーブで調理すると火の加減で保温状態にもできて便利です。

f:id:pecopecoooom:20200809235352j:image

夜はキレイな星空がみれました。何か動物の気配がありましたが、熊だったのか鹿だったのか…。
f:id:pecopecoooom:20200808225218j:image

7月25日 7:00出発。

天塩岳は新道コース、旧道コース、前手塩岳コース、また途中でコースとコースを結ぶ連絡道なんかもあって、自分で好きなように選択して登れます。新道コースは登山口も異なり、車で来るとヒュッテより手前にあります。

私達は天塩岳だけでなく、前天塩岳から縦走して天塩岳へ行く「前天塩岳コース」から登り、天塩岳からは「新道コース」、途中連絡道を通って新道コース登山口には降りず、天塩岳ヒュッテ登山口に戻ってくるコースで行こうと思います。
f:id:pecopecoooom:20200808224941j:image

登山口にはたくさんの登山者がいましたが、歩き出してみるとほとんど誰にも会いません。
f:id:pecopecoooom:20200808225352j:image

すぐに鉄の網の橋を渡ります。
f:id:pecopecoooom:20200808224922j:image

橋の下を流れる川。これが天塩川の上流かぁ。こんな穏やかな川が次第に大きな川になるなんて。去年天塩川カヤックで下ったので、そんなことを考えながら歩きました。
f:id:pecopecoooom:20200808225451j:image

すぐ河原に出ます。
f:id:pecopecoooom:20200809001112j:image

川の真横を歩く。
f:id:pecopecoooom:20200808225424j:image

川の右左を行ったり来たりしながら進んでいくのですが、全てこのような木の板の橋がかけられています。
f:id:pecopecoooom:20200808225212j:image

7:27 連絡道分岐。右に行けば新道コース。左は旧道コースと前天塩岳コース。

この後ほとんど人に会わなかったので、新道コースに進む人が多いようです。
f:id:pecopecoooom:20200808225130j:image

少しの登りはあるものの、基本的には河原歩きと、緩やかな土の道が交互に続きます。
f:id:pecopecoooom:20200808225410j:image

ずっとこんな道。道も遊歩道並みに歩きやすい。一体いつになったら登るのか。
f:id:pecopecoooom:20200808225013j:image

また分岐。まっすぐだと天塩岳へ。左は前天塩岳経由となっています。左へ。
f:id:pecopecoooom:20200808224952j:image

急に登山道が岩岩してきました。
f:id:pecopecoooom:20200808225030j:image

と思ったらまた平坦に近いような道に。

もう1時間半はこんな感じの遊歩道のような緩やかな道を歩いています。
f:id:pecopecoooom:20200808224905j:image

やっと登りが始まった。ここからは少し急です。展望もないので退屈な登りでした。
f:id:pecopecoooom:20200808225036j:image

ハイマツが出てきて、大雪山感出てきました。
f:id:pecopecoooom:20200808225008j:image

急に頭上が開けて景色が。雲が多いので隠れている部分も多いですが、全方向山に囲まれています。
f:id:pecopecoooom:20200808224825j:image

9:25 天塩岳と前天塩岳の分岐。分岐というか、前天塩岳に登って天塩岳に向かう場合、どっちにしろこの分岐の先で合流します。単に前天塩岳を省きたい場合の短縮路という感じです。
f:id:pecopecoooom:20200808225417j:image

避難小屋方面。よく見ると避難小屋が見えました。帰りはあちらから降りる予定です。
f:id:pecopecoooom:20200808225003j:image

ガレ場になった。
f:id:pecopecoooom:20200808225041j:image

岩がキラキラしてました。
f:id:pecopecoooom:20200808225120j:image

少しずつ晴れてきて見えていなかった景色が見えてきました。結構眺めは良いです。
f:id:pecopecoooom:20200808224858j:image

天塩岳の標識が見えました!
f:id:pecopecoooom:20200808224837j:image

ぼやーん。
f:id:pecopecoooom:20200808224843j:image

10:00 前天塩岳到着!天塩岳は混んでいそうだし、誰も人がいなかったので少し早いですがここでお昼ご飯を食べてしまうことにしました。
f:id:pecopecoooom:20200808224931j:image

雲の隙間からちらりと見える山々がキレイでしたが、頂上には大量のハエが。
f:id:pecopecoooom:20200808225135j:image

たっぷり1時間くらい休憩して天塩岳へ向かいます。
f:id:pecopecoooom:20200808225233j:image

天塩岳への縦走路。ここが一番景色が良かったです。
f:id:pecopecoooom:20200808224946j:image

なんというかわかりませんが。キレイなお花。
f:id:pecopecoooom:20200808225112j:image

縦走路は結構狭め。
f:id:pecopecoooom:20200808224832j:image

さっき途中で前天塩岳ショートカットの分岐の道との合流地点です。
f:id:pecopecoooom:20200808225438j:image

笹に囲まれた所を通り…
f:id:pecopecoooom:20200808224916j:image

熊の糞です。
f:id:pecopecoooom:20200808224910j:image

ここはお花畑。

f:id:pecopecoooom:20200810123007j:image

一部笹やハイマツに覆われた道を漕ぐように通るものの、道はずっと鮮明についていますし、天塩岳から縦走してくる登山者も多く何度かすれ違いました。
f:id:pecopecoooom:20200810122929j:image

天塩岳滝上町の分岐。ここも眺めが良い。
f:id:pecopecoooom:20200810123019j:image

天塩岳頂上へ向かいます。
f:id:pecopecoooom:20200810122950j:image

ハイオトギリ?
f:id:pecopecoooom:20200810122939j:image

頂上稜線。
f:id:pecopecoooom:20200810123035j:image

景色よし!です。
f:id:pecopecoooom:20200810122944j:image

12:15 天塩岳に到着。なんだか変わった標識ですね…。笑

休憩スペースも広めで良い感じです。
f:id:pecopecoooom:20200810122924j:image

天塩岳でぞんぶんに休んだので、ここはほぼ素通り。下山します。下山は新道コースから。f:id:pecopecoooom:20200810123040j:image

ここから見ても鮮明すぎるくらいの登山道が見えます。
f:id:pecopecoooom:20200810122934j:image

鮮明すぎる道はこのようになっていました。平坦。笹刈りも広い道幅でされていてかなり歩きやすいです。
f:id:pecopecoooom:20200810123014j:image

12:40 西天塩岳分岐。西天塩岳もあるんですね。ここには寄りません。
f:id:pecopecoooom:20200810123026j:image

分岐を少しだけ進んだところに避難小屋があります。
f:id:pecopecoooom:20200810123001j:image

避難小屋の中はこんな感じ。キレイです。
f:id:pecopecoooom:20200810123030j:image

こっちはトイレ。
f:id:pecopecoooom:20200810123044j:image

ボットン式ですが、臭いもなくキレイなトイレです!

f:id:pecopecoooom:20200810123722j:image

さらに進みます。
f:id:pecopecoooom:20200810123727j:image

この辺はちょっと大雪山の山みたいで気持ちが良いです。
f:id:pecopecoooom:20200810123759j:image

こっちのコースは士別市のサイトによると、初心者向けとなっていましたが、ずっと景色を眺めながら登れるし、なだらかな登りなのでそうなっているんですね。

天塩岳のお知らせ | 士別市
f:id:pecopecoooom:20200810123736j:image

左側の景色。山。山。山。
f:id:pecopecoooom:20200810123654j:image

壊れたなにかの標識。新道コースで登ってきたらスペースも広いし、いい休憩ポイントになるんじゃないでしょうか。
f:id:pecopecoooom:20200810123707j:image

そしてやたらとケルンがある場所。笑
f:id:pecopecoooom:20200810123808j:image

下りの道もいいですねー!
f:id:pecopecoooom:20200810123754j:image

いい道は終わり、樹林帯へ…。

f:id:pecopecoooom:20200810125011j:image

この辺はもうニセコの山って感じです。
f:id:pecopecoooom:20200810123700j:image

14:00 やっと連絡道分岐に到着。樹林帯に入ってからは特に見どころもなくただただ淡々と歩かねばならず長く感じます。
f:id:pecopecoooom:20200810123742j:image
f:id:pecopecoooom:20200810123642j:image

14:25 ヒュッテからの前手塩岳コースに合流。
f:id:pecopecoooom:20200810123715j:image

あと少し。
f:id:pecopecoooom:20200810123749j:image

14:55 天塩岳ヒュッテに到着〜!歩行距離13.2km。

退屈な部分もなかなか長いので登りと下りで別なコースを歩けるのは良かったです。

個人的には前天塩岳のほうが好きでした。

 

おわり